「佐香錦」のすべて

スポンサーリンク

「佐香錦」のすべて

佐香錦とは。

佐香錦とは、島根県農業試験場で1985年から育成され、その後2004年に品種登録された酒造好適米の一種です。改良八反流と信交酒318号(金紋錦)を交配して誕生した品種で、酒造りの神様として信仰されている島根県出雲市の佐香神社にちなみ、佐香錦と名付けられました。

「佐香錦」の誕生と歴史

「佐香錦」の誕生と歴史

-「佐香錦」の誕生と歴史-

「佐香錦」は、1952年に広島県の佐香町(現在の廿日市市)で誕生したコイです。広島県水産業試験場が、観賞用として美しいコイを開発するため、ドイツから輸入したゴイと、日本産の緋鯉や昭和三色鯉を掛け合わせて作出しました。

「佐香錦」は、金地に紅と黒の斑紋が入った美しいコイで、その姿はまるで錦織物のようです。また、性格が温厚で飼いやすいことから、観賞用として人気が高くなりました。

「佐香錦」は、誕生以来、改良が重ねられ、現在ではさまざまな品種が作出されています。その中でも、特に人気が高いのが「鯉華錦(こい はな にしき)」と「王錦(おう にしき)」です。

「鯉華錦」は、「佐香錦」の紅と黒の斑紋が、花びらのように美しく散りばめられた品種です。その姿は、まさに「花の錦」と言えます。

「王錦」は、「佐香錦」よりも紅の斑紋が強く、より華やかな品種です。その姿は、まるで「錦の王様」のようです。

「佐香錦」は、広島県の特産品として知られ、毎年11月に開催される「佐香錦まつり」には、多くの人々が訪れます。また、「佐香錦」は、海外でも人気が高く、世界各地で飼育されています。

「佐香錦」を使った日本酒の特徴

「佐香錦」を使った日本酒の特徴

-「佐香錦」を使った日本酒の特徴-

「佐香錦」は、滋賀県で生産されている酒米で、県内の酒造メーカーの間で人気が高まっています。近年では、その特徴的な味わいから、全国各地の酒蔵でも使用されるようになってきています。

「佐香錦」の特徴は、米粒が大きく、たんぱく質含有量が少ないことです。そのため、雑味が少なく、すっきりとした味わいの日本酒に仕上がるのが特徴です。また、「佐香錦」は、アミノ酸含有量が多く、旨味やコクのある日本酒に仕上げることもできます。

「佐香錦」を使った日本酒は、純米酒や本醸造酒、大吟醸など、さまざまな種類があります。また、スパークリング日本酒や、にごり酒など、さまざまな製法で作られています。どの種類も、それぞれに「佐香錦」の特徴を生かした味わいで、日本酒ファンに人気があります。

タイトルとURLをコピーしました