「スティッキールはさみ」の徹底解説

スポンサーリンク

「スティッキールはさみ」の徹底解説

スティッキールはさみとは。

スティッキールはさみとは、サンスター文具が販売しているハサミのことで、ペン型で持ち運びしやすいコンパクトなサイズが特徴です。

「スティッキールはさみ」とは?

「スティッキールはさみ」とは?

「スティッキールはさみ」とは?

スティッキールはさみとは、切断面に粘着剤の要らない新しいタイプのハサミのことです。紙、布、ビニールなどを切った際に、切断面に粘着層が付着し、粘着層どうしを貼り合わせるだけで接着できます。テープや糊を使用しなくても良いので、手軽に素材同士を接着できるのが特徴です。

スティッキールはさみは、2000年代初めに米国で開発されました。当初は、文房具として発売されていましたが、近年では、工業用や医療用など、様々な分野で使用されています。

スティッキールはさみを使用するには、まず、切断したい素材を準備します。次に、スティッキールはさみで素材を切断します。切断すると、切断面に粘着層が付着します。最後に、粘着層どうしを貼り合わせることで、素材同士を接着できます。

スティッキールはさみは、テープや糊を使用しなくても素材同士を接着できるため、手軽に接着作業を行うことができます。また、粘着層は水や熱に強いので、接着した素材を長時間使用しても剥がれにくいという特徴があります。

「スティッキールはさみ」の特徴

「スティッキールはさみ」の特徴

「スティッキールはさみ」の特徴

スティッキールはさみは、従来のハサミとは異なり、本体に糊が内蔵されたユニークなはさみです。このため、紙を切ると同時に糊付けを行うことができ、非常に便利で作業効率がアップします。

スティッキールはさみの特徴として、まず本体が軽量でコンパクトな設計になっているため、持ち運びや使用がしやすいという点が挙げられます。また、片手で操作することができるため、作業性が向上します。

さらに、スティッキールはさみは、糊付けの量を調節することができるため、用途に合わせて使い分けることができます。例えば、大量の紙を貼り合わせる場合は多めに糊を付けて、少数の紙を貼り合わせる場合は少なめに糊を付けるといった使い方が可能です。

また、スティッキールはさみはハサミ部分と糊付け部分が別になっているため、ハサミの切れ味が悪くなっても糊付け部分だけを交換すれば済むという利点があります。これは、従来のハサミ以上にコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

スティッキールはさみは、事務作業やクラフト作業、子どもの工作など、幅広い用途で使用することができます。従来のハサミのように糊を別途用意する必要がないため、作業が効率化され、より快適に作業を進めることができます。

「スティッキールはさみ」の使い方

「スティッキールはさみ」の使い方

「スティッキールはさみ」の使い方

スティッキールはさみは、一般的なはさみの先端がシールになっており、はさまずに貼ることが出来るはさみです。

使い方としては、まず紙を切って貼りたい場所に合わせてセロテープなどを貼ります。

そして、スティッキールはさみで紙を切れば、切口が粘着するので、セロテープを剥がさなくてもその場所に貼ることができます。

また、スティッキールはさみは、通常のハサミのような切断機能も備えているため、粘着力のある紙以外の紙も切ることができます。

スティッキールはさみは、手軽に紙を切ったり貼ったりすることができるため、工作や手帳作り、ラッピングなど、さまざまなシーンで大活躍してくれます。

タイトルとURLをコピーしました