「JBCスプリント」とは?開催する競馬場や歴代優勝馬を紹介

スポンサーリンク

「JBCスプリント」とは?開催する競馬場や歴代優勝馬を紹介

JBCスプリントとは。

JBCスプリントは、日本の地方競馬を代表するダート競走であり、毎年開催する競馬場は異なります。

JBCスプリントとは

JBCスプリントとは

JBCスプリントとは、地方競馬のダート短距離路線の頂点を決するレースです。2001年に創設され、毎年11月の開催が定着しています。距離は1,200メートルで、ダートグレード競走のG1に格付けされています。出走条件は、JRA所属馬、地方競馬所属馬、外国馬を問わず、3歳以上の馬が対象です。

JBCスプリントは、ダート短距離路線の馬たちにとって、最大の目標レースのひとつです。毎年、全国から強豪馬が集結し、激戦が繰り広げられます。優勝馬には、賞金に加えて、JRAのダート短距離路線の最高峰である「チャンピオンズカップ」への優先出走権が与えられます。

JBCスプリントの開催競馬場

JBCスプリントの開催競馬場

JBCスプリントの開催競馬場は、毎年持ち回りで変わり、全国各地の競馬場で行われます。2022年はJRAの盛岡競馬場で開催されており、過去には大井競馬場、笠松競馬場、名古屋競馬場、園田競馬場、兵庫県競馬組合姫路競馬場、川崎競馬場、浦和競馬場、佐賀競馬場、高知競馬場、水沢競馬場でも開催されています。

開催競馬場は、毎年日本中央競馬会(JRA)と地方競馬全国協会(NAR)が協議して決定されます。開催競馬場の決定には、開催地の競馬場の施設や馬場の状態、開催地における競馬の普及状況など、さまざまな要素が考慮されます。

JBCスプリントの歴代優勝馬

JBCスプリントの歴代優勝馬

JBCスプリントの歴代優勝馬

JBCスプリントは、1996年から毎年11月の第二日曜日に開催されている、ダート1200メートルのダートグレード競走です。JBCスプリントの歴代優勝馬は、以下の通りです。

1996年アドマイヤコジーン
1997年ニッポーテイオー
1998年ニッポーテイオー
1999年ファストフレンド
2000年ノボトゥルー
2001年ノボトゥルー
2002年アドマイヤドン
2003年アグネスデジタル
2004年ブルーコンコルド
2005年ブルーコンコルド
2006年ハセノパンチ
2007年カネヒキリ
2008年カネヒキリ
2009年エスポワールシチー
2010年エスポワールシチー
2011年セイクリッドバレー
2012年セイクリッドバレー
2013年コパノリッキー
2014年コパノリッキー
2015年コパノリッキー
2016年コパノリッキー
2017年コパノリッキー
2018年モズスーパーフレア
2019年モズスーパーフレア
2020年テイエムジンソク
2021年テイエムジンソク

タイトルとURLをコピーしました