GSX-R400のすべて

スポンサーリンク

GSX-R400のすべて

GSX-R400とは。

「GSX-R400は、スズキが1984年から製造・販売していたオートバイです。エンジンは水冷4ストローク4気筒DOHCで、総排気量は398ccです。GSX-R400は、スズキの代表的な高性能ロードスポーツモデルであるGSX-Rシリーズの1つです。」

GSX-R400の歴史

GSX-R400の歴史

GSX-R400の歴史

GSX-R400は、スズキが1984年から1988年まで製造・販売していたスポーツバイクです。GSX-R750の弟分として登場し、400ccクラスのスポーツバイク市場で人気を博しました。

GSX-R400は、水冷4ストロークDOHC4バルブエンジンを搭載しています。最高出力は59PS/12,500rpm、最大トルクは3.5kgm/10,000rpmを発生します。車体は、アルミフレームにフルカウルを装備したレーサーレプリカスタイルを採用しています。

GSX-R400は、その軽快なハンドリングと鋭い加速性能で、多くのライダーから支持されました。また、サーキットでのレースでも活躍し、多くの勝利を収めました。1985年には、全日本ロードレース選手権の400ccクラスでチャンピオンを獲得しました。

GSX-R400は、1988年に生産終了となりましたが、その人気は今もなお根強く残っています。中古市場では、高値で取引されることが多く、レストアされた車両も数多く存在します。

GSX-R400の特徴

GSX-R400の特徴

GSX-R400の特徴

GSX-R400は、1984年にスズキから発売された400ccクラスのスポーツバイクです。当時の400ccクラスとしては最高クラスの出力を持つエンジンを搭載し、軽量な車体と相まって、俊敏な走りと高い運動性能を実現していました。また、レーシーなスタイルと本格的な装備を備えており、当時としては非常に先進的なモデルでした。

GSX-R400の最大の特徴は、そのエンジンです。DOHC4バルブの水冷4気筒エンジンは、最高出力59馬力を発生し、当時の400ccクラスの中ではトップクラスの出力を持っていました。また、軽量な車体と相まって、俊敏な走りと高い運動性能を実現していました。

GSX-R400のもう一つの特徴は、そのレーシーなスタイルです。当時としては非常に斬新なデザインで、フルカウルとアンダーカウルを装備し、レーサーレプリカのようなスタイルを実現していました。また、本格的な装備を備えており、フロントフォークにはアンチノーズダイブ機構が、リアサスペンションにはリンク式のモノショックが採用されていました。

GSX-R400は、その高い性能とレーシーなスタイルで、当時としては非常に人気のあるモデルでした。また、レースシーンでも活躍し、数々のタイトルを獲得しました。現在でも、多くのライダーに愛され続けている名車です。

GSX-R400のインプレッション

GSX-R400のインプレッション

GSX-R400のインプレッション

GSX-R400は、1984年に発売されたスズキのスポーツバイクです。400ccクラスのスポーツバイクとしては、当時としては非常に軽量で、高性能なエンジンを搭載しており、瞬時に人気車種となりました。

GSX-R400の最大の特徴は、そのエンジンです。直列4気筒で、最高出力は59馬力、最大トルクは4.2kg-mを発生します。このエンジンは、非常に高回転型で、レッドゾーンは12,000rpmまであります。そのため、高回転域まで回せば、非常に鋭い加速を味わうことができます。

また、GSX-R400の車体は、軽量で剛性があります。アルミフレームを採用しており、乾燥重量はわずか160kgです。そのため、ハンドリングは非常に軽快で、ワインディングロードを駆け抜けるには最適なバイクです。

ブレーキは、フロントがダブルディスクで、リアがシングルディスクです。ブレーキの効きは十分で、安心してライディングを楽しむことができます。

足回りは、フロントがテレスコピックフォークで、リアがスイングアームです。サスペンションは、比較的硬めにセッティングされており、コーナリング時の安定性は抜群です。

GSX-R400は、非常に乗りやすいバイクです。初心者でも簡単に乗りこなすことができます。また、高性能なエンジンと軽量な車体により、スポーツライディングを楽しむことができます。そのため、幅広い層に人気があるバイクです。

タイトルとURLをコピーしました