「翠峰」のすべて – 福岡の銘柄ブドウ

スポンサーリンク

「翠峰」のすべて – 福岡の銘柄ブドウ

翠峰とは。

翠峰とは、福岡県飯塚市で育てられている緑色の大きなブドウです。種がなく、さわやかな甘みがあります。1975年に福岡県農業総合試験場が「ピオーネ」と「センテニアル」という種類のブドウを掛け合わせて育てた品種で、1996年に品種として登録されました。

翠峰の特徴と歴史

翠峰の特徴と歴史

-翠峰の特徴と歴史-

翠峰は、果粒が大きく、皮が薄く、甘みが強いのが特徴です。糖度が高く、酸味は控えめで、果肉はシャキシャキとしていて食感が良いのも特徴です。翠峰は、1961年に福岡県農業試験場で開発された品種です。ブドウの品種改良の第一人者である横山忠芳博士が、巨峰とブラックオリンピアという2つの品種を交配させて誕生しました。翠峰は、福岡県の気候風土に適しており、栽培しやすい品種として、福岡県を中心に全国各地で栽培されています。

翠峰は、生食用としてはもちろん、ワインやジュースなどの加工用としても利用されています。特に、翠峰を使ったワインは、フルーティーで華やかな香りと、上品で複雑な味わいが特徴です。また、翠峰を使ったジュースは、甘みが強く、濃厚な味わいが特徴です。

翠峰は、福岡県を代表する銘柄ブドウとして、県内外で広く親しまれています。毎年、福岡県内各地で翠峰を使用したワインやジュースなどの特産品が販売されており、多くの人々に愛されています。

翠峰の栽培方法と収穫時期

翠峰の栽培方法と収穫時期

-翠峰の栽培方法と収穫時期-

翠峰は、肥沃で水はけの良い土壌を好むので、栽培には土壌作りが大切です。また、病害虫にも強い品種なので、農薬の使用を最小限に抑えることができます。しかし、翠峰は暑さに弱いので、夏の高温期には注意が必要です。

翠峰の収穫時期は、8月中旬から9月上旬です。収穫時期には、房から粒を一つ一つ丁寧に取り除き、選別を行います。選別された粒は、洗浄され、箱詰めされて市場に出荷されます。

翠峰は、甘さと酸味のバランスが良く、皮が薄く食べやすいのが特徴です。また、ポリフェノールを多く含み、美容や健康に良いとされています。翠峰は、生食はもちろん、ジュースやジャム、ワインなどの加工品にも利用されています。

翠峰の食べ方と保存方法

翠峰の食べ方と保存方法

翠峰の食べ方と保存方法

翠峰は、完熟した状態で収穫された後、すぐに冷蔵庫で冷やして食べることがおすすめです。また、冷やしてから皮をむいて食べることで、よりみずみずしく甘みのある果肉を味わうことができます。

翠峰は、皮ごと食べることもできますが、皮をむいて食べることをおすすめします。皮をむくことで、酸味や渋みが軽減され、より甘くジューシーな果肉を楽しむことができます。

翠峰は、冷蔵庫で保存することで、約1週間程度日持ちします。しかし、常温で保存すると、すぐに傷んでしまうため、できるだけ冷蔵庫で保存するようにしましょう。

翠峰を購入する際には、果皮に傷やシミがないもの、ヘタの部分が緑色で新鮮なものを選ぶようにしましょう。また、完熟しているかどうかは、果皮を指で軽く押してみて、少し柔らかく弾力があるものを選ぶようにしましょう。

翠峰は、そのまま食べても美味しいですが、ヨーグルトやサラダに加えたり、ジャムやジュースにして楽しむこともできます。また、翠峰を冷凍してシャーベットにしても美味しくいただけます。

タイトルとURLをコピーしました