京都の銘菓「阿月」

スポンサーリンク

京都の銘菓「阿月」

阿月とは。

・阿月は、京都府京都市産の阿月が製造・販売するお菓子です。
・カステラ生地で餡を包んだお菓子で、北海道産小豆の粒餡と大手亡の白餡の2種類があります。
・また、粒餡に栗が入った栗阿月もあります。

阿月とは?

阿月とは?

阿月とは?

阿月とは、京都の銘菓のひとつです。その起源は古く、平安時代末期から鎌倉時代初期に遡るといわれています。当時は、阿闍梨餅と呼ばれており、阿闍梨が修業中に携帯していたことからその名がついたとされています。阿月の特徴は、餅米を蒸して作った皮で餡を包み、きな粉をまぶしたもの。餡には、白あん、こしあん、つぶあんの3種類があり、それぞれに違った味わいが楽しめます。阿月は、京都土産として人気が高く、京都を訪れた際にはぜひ味わいたい銘菓のひとつです。

阿月の種類

阿月の種類

-阿月の種類-

阿月は、京都を代表する銘菓のひとつで、その種類は実に多岐にわたります。代表的なものをいくつかご紹介します。

* -阿月焼き-

阿月焼きとは、阿月を円筒状に焼き上げたものです。阿月の生地に、小豆餡や白餡、抹茶餡などを包み、表面をカリカリに焼き上げたお菓子です。

* -阿月まんじゅう-

阿月まんじゅうとは、阿月の生地で小豆餡を包んだ、饅頭のようなお菓子です。通常のお饅頭よりも皮が薄く、上品な甘さが特徴です。

* -阿月羊羹-

阿月羊羹とは、阿月の生地に羊羹を流したもの。羊羹の甘さと阿月の生地の歯ごたえが絶妙なバランスで、お茶請けに最適なお菓子です。

* -阿月カステラ-

阿月カステラとは、阿月の生地にカステラの生地を流し込んだものです。カステラのふんわりとした食感と阿月の生地の歯ごたえが楽しめるお菓子です。

* -阿月どら焼き-

阿月どら焼きとは、阿月を皮に、小豆餡を挟んだどら焼きです。どら焼きの皮はしっとりとしていて、小豆餡は甘さ控えめで上品な味わい。

これは阿月の種類のごく一部です。他にも、阿月を揚げたものや、阿月を寒天で固めたものなど、さまざまな種類があります。京都を訪れた際には、ぜひ阿月を味わってみてください。 きっとあなたのお気に入りが見つかるでしょう。

阿月の歴史

阿月の歴史

阿月の歴史

阿月とは、京都の老舗菓子店・鼓月が販売する銘菓であり、阿闍梨餅とも呼ばれている。阿月は、室町時代後期に、当時京都にあった阿闍梨餅屋が、近隣の阿闍梨の要望に応えて、現在の形の内側を餡で満たし、外側を餅で包むというお菓子を作り出したことに始まる。当初は、阿闍梨餅屋に隣接する京都御所に献上するお菓子として作られていたが、いつしかその噂が広まり、庶民の間でも人気を博すようになった。

江戸時代になると、阿月は京都の名物として知られるようになり、多くの茶人や文人に愛された。また、京都を訪れる旅人のお土産としても人気を博した。明治時代以降も、阿月は京都を代表する銘菓として愛され続け、現在に至るまでその人気は衰えていない。

タイトルとURLをコピーしました