猪木の「アリ・キック」、知られざるその誕生秘話

スポンサーリンク

猪木の「アリ・キック」、知られざるその誕生秘話

アリ・キックとは。

アリ・キックとは、プロレスで使用される技のひとつで、相手の脛を狙ったローキックのことです。この技は、日本人レスラーのアントニオ猪木が、1976年にモハメド・アリとの異種格闘技戦で使用したことから名付けられました。

アリ・キック誕生のきっかけ

アリ・キック誕生のきっかけ

アントニオ猪木氏の必殺技、「アリ・キック」。その誕生は、ある試合中に偶然の産物のようにみえたかもしれない。しかし、その裏には猪木氏の工夫と努力が隠されていた。

1976年6月26日、東京・日本武道館。猪木氏は、当時の世界ヘビー級王者モハメド・アリと異種格闘技戦で対戦した。結果こそ判定負けだったが、猪木氏はアリをロープ際まで追い詰め、右足を高々と振り上げて放った「アリ・キック」で、世界中を驚かせた。

アリ・キックは、それまで猪木氏の技のレパートリーになかった。しかし、猪木氏は、アリとの対戦が決まって以来、この新技の開発に取り組んでいた。猪木氏がアリ・キックを考案するきっかけとなったのは、アリの試合映像を何度も繰り返し見たことだった。アリは、左右にステップを踏みながら、相手を翻弄するスタイルで戦っていた。猪木氏は、アリのこのステップを封じるために、アリの頭上めがけて蹴りを入れる技を思いついた。

猪木氏は、アリ・キックを開発するため、何度も練習を重ねた。猪木氏は、サンドバッグを相手に、右足を振り上げて蹴る練習を繰り返した。また、猪木氏は、スパーリングパートナー相手に、アリ・キックのタイミングや距離感を調整した。猪木氏の努力は、実を結んだ。アリとの対戦で、猪木氏はアリ・キックを鮮やかに決めたのだ。

アリ・キックの威力と効果

アリ・キックの威力と効果

-アリ・キックの威力と効果-

アリ・キックは、アントニオ猪木氏が得意とした蹴撃技である。猪木氏は、この技で外国人レスラーを次々と倒し、日本のプロレス界に旋風を巻き起こした。アリ・キックは、猪木氏の代名詞ともいえる技であり、その威力と効果は、プロレスファンを熱狂させた。

アリ・キックは、その名の通り、相手の顔面に蹴りを放つ技である。猪木氏は、アリ・キックを放つ際、右足を高く振り上げ、相手の顔面に強烈な蹴りを食らわせていた。アリ・キックは、その威力とスピードから、相手を一瞬で倒すことができた。

また、アリ・キックは、相手の顔面だけでなく、胸や腹部にも蹴りを放つことができた。猪木氏は、相手の体格やスタミナに合わせて、アリ・キックを使い分けていた。アリ・キックは、相手の体力を奪い、試合を有利に進めるための効果的な技だった。

猪木氏は、アリ・キックで多くの外国人レスラーを倒した。その中には、ビル・ロビンソン、スタン・ハンセン、ハルク・ホーガンなど、そうそうたるレスラーが含まれている。アリ・キックは、猪木氏の強さの象徴であり、プロレスファンを熱狂させる技だった。

アリ・キックのその後の展開

アリ・キックのその後の展開

猪木のアリ・キックは、日本のプロレス界で最も記憶に残る瞬間の一つです。1976年6月26日、日本武道館で行われたモハメド・アリとの異種格闘技戦で、猪木はアリの顔面に強烈なキックを叩き込みました。このキックはアリを倒し、猪木に勝利をもたらしました。

アリ・キックは瞬く間に日本のプロレス界で伝説となり、猪木は国民的英雄となりました。しかし、このキックが生まれた裏には、知られざる秘話が隠されているのです。

アリ・キックは、猪木の師である力道山が考案した技です。力道山は、アリのような世界的なボクサーを倒すためには、強烈なキックが必要だと考え、アリ・キックを開発しました。猪木は、力道山からこの技を伝授され、毎日練習を重ねました。

そして、ついにアリとの異種格闘技戦が実現します。猪木は、アリのパンチをかわし、アリの顔面にアリ・キックを決めました。アリは、このキックでダウンし、猪木が勝利を収めました。

アリ・キックは、猪木と力道山の師弟愛の結晶であり、日本のプロレス界に大きな影響を与えました。このキックは、猪木を国民的英雄にし、日本のプロレス界を活性化させました。

タイトルとURLをコピーしました