旭川塩ホルモンの魅力

スポンサーリンク

旭川塩ホルモンの魅力

旭川塩ホルモンとは。

旭川塩ホルモンとは、北海道旭川市で愛されているご当地グルメです。豚のホルモンを塩だれに漬け込み、炭火でこんがりと焼き上げたものです。

旭川塩ホルモンとは

旭川塩ホルモンとは

旭川塩ホルモンとは

旭川塩ホルモンとは、旭川で生まれ育った郷土料理です。豚肉の内臓を塩やコショウなどのシンプルな味付けで焼いたもので、ホルモン焼きの一種です。ホルモン焼きとは、動物の内臓を焼いて食べる料理のことですが、旭川塩ホルモンは、その中でも特に豚の内臓を使用したものが一般的です。

旭川塩ホルモンは、豚の内臓を塩やコショウなどのシンプルな味付けで炒めたもので、ホルモン焼きの一種です。ホルモン焼きとは、動物の内臓を焼いて食べる料理のことですが、旭川塩ホルモンは、その中でも特に豚の内臓を使用したものが一般的です。

旭川塩ホルモンは、豚のレバー、ハツ、ミノ、テッポウ、シマチョウなどの内臓を使用し、塩やコショウ、ニンニク、ショウガなどで味付けして焼きます。基本的には豚の内臓全般を使用しますが、希少部位のハツ、テポウ、シマチョウなどが特に人気です。

旭川塩ホルモンは、昭和の初期に、旭川の精肉店でホルモン焼きが出されたのが始まりと言われています。当時は、まだホルモン焼きは一般的ではなく、旭川塩ホルモンも、精肉店の裏メニューとして提供されていました。しかし、そのおいしさが口コミで広がり、今では旭川を代表する郷土料理となりました。

旭川塩ホルモンの作り方

旭川塩ホルモンの作り方

-旭川塩ホルモンの作り方-

旭川塩ホルモンを作るには、まず新鮮な豚ホルモンを入手することが重要です。次に、ホルモンを丁寧に下処理します。ホルモンは、水で洗い流してから、余分な脂や筋を取り除きます。下処理が終わったら、ホルモンを塩ダレに漬け込みます。塩ダレは、醤油、酒、みりん、ニンニク、生姜、コチュジャンなどを混ぜ合わせて作ります。ホルモンを塩ダレに漬け込んだら、冷蔵庫で一晩寝かせます。

一晩寝かせたホルモンを、今度はフライパンで焼きます。フライパンに油を熱して、ホルモンを強火で焼きます。ホルモンに焼き色が付いたら、弱火にしてじっくりと焼きます。ホルモンが焼えたら、お皿に盛り付けて完成です。旭川塩ホルモンは、そのまま食べても美味しいですが、七味唐辛子やレモン汁をかけて食べるとさらに美味しくなります。

旭川塩ホルモンのおすすめ店

旭川塩ホルモンのおすすめ店

旭川塩ホルモンのおすすめ店

旭川塩ホルモンは、旭川発祥のホルモン焼きで、北海道民に愛されるソウルフードです。塩だれで味付けされたホルモンを網焼きにして食べるのが一般的で、ビールとの相性も抜群です。旭川市内には数多くの塩ホルモン店があり、それぞれ独自のこだわりを持ってホルモン焼きを提供しています。

旭川塩ホルモンのおすすめ店をご紹介します。

1. ホルモン焼き専門店 あさひかわ

旭川塩ホルモンの老舗的なお店で、地元民にも人気があります。ホルモン焼きの種類が豊富で、中でも塩ホルモンとシマ腸がおすすめです。塩だれはあっさりとした味付けで、ホルモンの旨味を引き立てます。

2. ホルモン焼き 旭川本店

旭川塩ホルモンの有名店で、全国的にも知られています。ホルモン焼きの種類が豊富で、ホルモンの鮮度にもこだわっています。塩だれはコクのある味わいで、ホルモンとの相性抜群です。

3. ホルモン焼き 野武士

旭川塩ホルモンの人気店で、若い世代にも人気があります。ホルモン焼きの種類が豊富で、ホルモンのボリュームも満点です。塩だれはピリ辛の味付けで、ホルモンの旨味を引き立てます。

4. ホルモン焼き 旭川家

旭川塩ホルモンの隠れ家的お店で、知る人ぞ知る名店です。ホルモン焼きの種類は多くはありませんが、その分ホルモンの質にこだわっています。塩だれはあっさりとした味付けで、ホルモンの旨味を邪魔しません。

5. ホルモン焼き 旭川亭

旭川塩ホルモンの新進気鋭のお店で、地元民にも人気があります。ホルモン焼きの種類が豊富で、ホルモンの鮮度にもこだわっています。塩だれはコクのある味わいで、ホルモンとの相性抜群です。

以上、旭川塩ホルモンのおすすめ店をご紹介しました。旭川を訪れた際は、ぜひ旭川塩ホルモンを味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました