阿波ボーヤKってどんな料理?特徴や作り方を紹介!

スポンサーリンク

阿波ボーヤKってどんな料理?特徴や作り方を紹介!

阿波ボーヤKとは。

阿波ボーヤKとは、徳島県三好郡東みよし町の郷土料理です。阿波尾鶏の肉に有精卵、四国玉三郎をまぶして揚げた、鶏肉のカツレツです。

阿波ボーヤKとは?

阿波ボーヤKとは?

阿波ボーヤKとは?

阿波ボーヤKは、徳島県出身のお笑いコンビ、阿波ボーイズが考案した料理です。阿波ボーイズは、かつてお笑い芸人として活躍していたキクチウソツカナイと、俳優として活躍していた山口智充のコンビです。阿波ボーヤKは、この2人が徳島県のご当地グルメを開発するという企画の中で誕生しました。

阿波ボーヤKは、徳島県の郷土料理であるすだちうどんをアレンジした料理です。すだちうどんは、すだちを絞って食べるシンプルなうどんですが、阿波ボーヤKはすだちうどんに様々な具材を加えています。その具材には、徳島県産の豚肉や野菜、そして阿波ボーヤKのオリジナルのたれが含まれています。たれは、醤油、みりん、酒、砂糖などをベースに、徳島県産のすだちを絞って作られています。

阿波ボーヤKは、徳島県内の飲食店やスーパーなどで販売されています。また、徳島県外でも、物産展などに出品されることがあります。阿波ボーヤKは、徳島県の郷土料理であるすだちうどんをアレンジした料理ですが、すだちうどんとは一味違ったおいしさがあります。

阿波ボーヤKの特徴

阿波ボーヤKの特徴

阿波ボーヤKの特徴

阿波ボーヤKは、特徴的な見た目が特徴的な徳島県の郷土料理です。その名の通り、アワビに似たカタチをした貝で、身はやわらかく、甘みのある味が特徴です。また、阿波ボーヤKは、鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれているため、栄養価が高いのも特徴のひとつです。

阿波ボーヤKは、徳島県内では古くから親しまれており、様々な料理に使用されてきました。刺身や天ぷら、焼き物など、様々な食べ方が楽しめます。また、阿波ボーヤKは、お吸い物や味噌汁の具としてもよく使われます。

阿波ボーヤKは、徳島県の郷土料理として、県民に愛されている食材です。その特徴的な見た目と、甘みのある味が特徴で、様々な料理に使用することができます。徳島県を訪れた際には、ぜひ阿波ボーヤKを味わってみてください。

阿波ボーヤKの作り方

阿波ボーヤKの作り方

阿波ボーヤKの作り方

材料

* 鶏もも肉 1枚
* 塩胡椒 適量
* 小麦粉 適量
* 卵 1個
* パン粉 適量
* 油 適量

作り方

1. 鶏もも肉を一口大に切る。
2. 塩胡椒をして下味をつける。
3. 小麦粉をまぶす。
4. 溶き卵にくぐらせる。
5. パン粉をまぶす。
6. 熱した油で揚げる。
7. キツネ色になったら取り出す。
8. 油を切る。
9. お皿に盛り付けて完成。

阿波ボーヤKは、鶏もも肉を一口大に切って揚げたものです。阿波尾鶏のモモ肉を使用していることから、阿波ボーヤKと呼ばれています。阿波尾鶏は、徳島県産の鶏肉で、肉質が柔らかく、旨味が強いのが特徴です。阿波ボーヤKは、徳島県の郷土料理で、居酒屋などで提供されています。また、家庭でも簡単に作ることができるため、徳島県外でも人気があります。

タイトルとURLをコピーしました