滋賀県甲賀市の在来種野菜「鮎河菜」

スポンサーリンク

滋賀県甲賀市の在来種野菜「鮎河菜」

鮎河菜とは。

鮎河菜とは、滋賀県甲賀市土山町鮎河地区で大正時代から栽培されている在来種の葉物野菜です。菜の花よりもやや大型で、漬け菜として利用されます。別名「鮎河水菜」と呼ばれ、漬物や油炒めにして食べられます。

鮎河菜の歴史と特徴

鮎河菜の歴史と特徴

鮎河菜の歴史と特徴

鮎河菜は、滋賀県甲賀市で栽培されている在来種野菜です。その歴史は古く、江戸時代にはすでに栽培されていた記録が残っています。鮎河菜は、水田跡地の湿地に自生していたものを、農家が持ち帰って育て始めたのが始まりと言われています。

鮎河菜は、アブラナ科の植物で、葉っぱは細長く、ギザギザがあります。茎は赤紫色で、葉っぱよりも短いです。鮎河菜は、水田跡地の湿地に自生していたため、湿度に強く、丈夫な野菜です。また、鮎河菜は、寒さに強く、冬の間も栽培することができます。

鮎河菜は、独特の歯ごたえと風味が特徴です。アクが少なく、生で食べてもおいしく、炒め物や煮物、おひたしなど、さまざまな料理に利用することができます。鮎河菜は、栄養価も高く、ビタミンCや鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれています。

鮎河菜の栽培方法

鮎河菜の栽培方法

鮎河菜の栽培方法は、他の葉物野菜と同様、種を蒔いて育てるのが一般的です。種を蒔く時期は、春(3月~4月)か秋(9月~10月)が適しています。種を蒔く場所は、日当たりの良い場所が適しています。土壌は、水はけの良い土壌が適しています。種を蒔く前に、土壌を耕して肥料を混ぜておきます。種を蒔いた後は、土を軽く押さえて水をやります。発芽するまでは、土が乾かないように注意して水やりをします。発芽後は、間引きをして苗を育てます。苗が育ったら、畑に定植します。定植する株の間隔は、30cm~40cm程度が適しています。定植後は、水やりや追肥を適宜行います。収穫時期は、種を蒔いてから50日~60日後です。収穫する際は、株元から切り取ります。鮎河菜は、葉を食べる野菜です。炒め物や煮物、味噌汁など、様々な料理に使えます。

鮎河菜の食べ方

鮎河菜の食べ方

鮎河菜の食べ方

鮎河菜は、様々な料理に使用できる万能野菜です。生で食べると、シャキシャキとした食感とさわやかな味わいが楽しめます。サラダや酢の物、炒め物などに最適です。また、軽く茹でたり、蒸したりして食べても美味しく召し上がれます。肉料理や魚料理の付け合わせにもおすすめです。

鮎河菜は、栄養価も豊富です。ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、鉄分などが多く含まれています。特に、ビタミンAは、緑黄色野菜の中でもトップクラスの含有量です。ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるため、風邪予防や美肌効果が期待できます。また、鮎河菜には、抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。ポリフェノールは、老化防止や生活習慣病予防に効果があるとされています。

鮎河菜は、滋賀県の特産野菜ですが、最近は全国各地のスーパーや直売所でも販売されています。見つけたら、ぜひ一度食べてみてください。

タイトルとURLをコピーしました