美STORY→ 美STの前身誌

スポンサーリンク

美STORY→ 美STの前身誌

美STORYとは。

「美STORY」とは、株式会社光文社が「美ST(びスト)」に名称を変更する以前の雑誌名であり、2011年8月に名称変更が行われました。

美STORYとは何か

美STORYとは何か

美STORYとは何か

美STORYは、光文社が1998年3月に創刊した美容雑誌である。当初は季刊誌として発行されていたが、2001年10月からは月刊誌となり、2018年3月まで発行された。美STORYは、20代後半から40代の女性をターゲットとした雑誌で、美容、ファッション、グルメ、ライフスタイルなどの情報を掲載していた。特に、美容情報に力を入れており、最新のスキンケアやメイクアップ、ヘアケアなどの情報をいち早く読者に伝えていた。また、ファッションやグルメ、ライフスタイルなどの情報も充実しており、女性が美しく人生を楽しむためのヒントを満載していた。

美STORYは、創刊以来、多くの女性から支持を集め、発行部数は100万部を超えていた。しかし、2010年代に入ると、美容雑誌の市場が縮小し、美STORYの発行部数も減少した。そこで、光文社は2018年3月に美STORYの発行を停止し、代わりに新しい美容雑誌「美ST」を創刊した。美STは、美STORYのターゲット層である20代後半から40代の女性をターゲットとした雑誌で、美容、ファッション、グルメ、ライフスタイルなどの情報を掲載している。美STORYと比べて、よりシンプルでおしゃれなデザインとなっており、より幅広い読者にアピールすることを目指している。

美STORYの歴史

美STORYの歴史

美STORYは、1989年4月に小学館が創刊した女性ファッション誌です。ターゲット読者層は30~40代の女性で、ファッション、美容、グルメ、旅行など、幅広いジャンルの情報を提供していました。

美STORYは、創刊当初から順調に発行部数を伸ばし、1990年代半ばには発行部数100万部を突破しました。しかし、2000年代に入ると、インターネットの普及やファッション誌の多様化などにより、発行部数は減少傾向に転じました。

2008年、小学館は美STORYの休刊を決定しました。そして、2009年4月に美STORYの後継誌として「美ST」を創刊しました。美STは、美STORYのターゲット読者層を引き継ぎつつ、ファッション、美容、健康、グルメなど、より幅広いジャンルの情報を提供しています。

美STは、創刊以来順調に発行部数を伸ばしており、2020年10月現在、発行部数50万部を突破しています。美STは、30~40代の女性を中心に幅広い読者に支持されており、女性ファッション誌のトップクラスに位置しています。

美STORYとBiSTの違い

美STORYとBiSTの違い

『美STORY→ 美ST』の前身誌『美STORY』は、2005年12月に発行された女性向けファッション雑誌。発行元は光文社。毎月24日発売。創刊時の編集長は塚越ゆかり、現在は霜鳥りえ。対象年齢は、25歳から45歳のOL。

『BiST』は、2012年8月に発行された女性向けファッション雑誌。発行元は光文社。毎月20日発売。創刊時の編集長は霜鳥りえ。現在は土屋美和。対象年齢は、30歳から45歳のOL。

『美STORY』と『BiST』の違いは、ターゲット層の違いにある。『美STORY』は、25歳から45歳のOLをターゲットにしているが、『BiST』は、30歳から45歳のOLをターゲットにしている。また、『美STORY』は、ファッションやビューティーに重点を置いているが、『BiST』は、ファッションやビューティーに加え、ライフスタイルやグルメにも重点を置いている。『美STORY』は、通勤や通学のお供にぴったりの雑誌です。一方、『BiST』は、休日にゆっくりと読むのにぴったりの雑誌です。どちらの雑誌も、女性に役立つ情報が満載なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました