ビュイック ラクロスとは?

スポンサーリンク

ビュイック ラクロスとは?

ラクロスとは。

ラクロスとは、アメリカのゼネラルモーターズがビュイックブランドで2004年から製造・販売している4ドアの大型セダンタイプの乗用車のことです。ハイブリッドエンジンを搭載したモデルも販売されています。

ビュイック ラクロスの概要

ビュイック ラクロスの概要

ビュイック ラクロスは、ビュイックが製造・販売しているフルサイズセダンです。1998年に初代が発売され、現在では3代目モデルが販売されています。ラクロスはビュイックのフラッグシップモデルであり、高級感と快適性を重視したセダンとして位置づけられています。

ラクロスのボディサイズは全長5,029mm、全幅1,863mm、全高1,468mmです。ホイールベースは2,906mmです。エンジンは3.6L V6エンジンを搭載し、最高出力280馬力、最大トルク350Nmを発生します。トランスミッションは6速ATです。駆動方式はFFまたはAWDです。

ラクロスの内装は高級感があり、本革シートやウッドパネルが採用されています。また、10.2インチのタッチスクリーンディスプレイや、Bose製14スピーカーオーディオシステム、3ゾーンオートエアコンなど、充実した装備を備えています。

ラクロスの価格は、ベーシックグレードの「エレガンス」が379万円、最上級グレードの「プレミアム」が514万円です。ラクロスは、高級セダンを求める人におすすめの車です。

ビュイック ラクロスの特長

ビュイック ラクロスの特長

ビュイック ラクロスの特長

ビュイック ラクロスは、ゼネラルモーターズが製造・販売している中型の高級セダンです。ラクロスは、「高級感」「洗練性」「スポーティさ」を兼ね備えた車として人気を集めています。

ビュイック ラクロスには、3つのグレードが用意されています。ベースグレードの「ラクロス」、中間のグレード「ラクロス CX」、最上級グレードの「ラクロス ツーリング」です。

ラクロスのエンジンは、3.6L V6エンジンを搭載しています。このエンジンは、280馬力と259 lb-ftのトルクを発生し、9速オートマチックトランスミッションと組み合わされています。ラクロスは、前輪駆動と全輪駆動の両方が選択可能です。

ラクロスのインテリアは、高級感があり、洗練されています。レザーシート、木材のトリム、タッチスクリーンディスプレイが標準装備されています。ラクロスには、最新の安全技術も搭載されており、衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニターなどが標準装備されています。

ラクロスは、その性能、高級感、そして安全性で高い評価を得ています。2018年、ラクロスは「ベストミッドサイズラグジュアリーカー」に選ばれました。

ビュイック ラクロスの歴史

ビュイック ラクロスの歴史

ビュイック ラクロスの歴史

ビュイック ラクロスは、アメリカの自動車メーカー、ビュイックが製造・販売するミッドサイズセダンである。1999年に初代モデルが発売され、2016年に4代目モデルが発売された。ラクロスはビュイックのフラッグシップモデルであり、高級感とスポーティさを兼ね備えたセダンとして人気を博している。

初代ラクロスは、1999年に発売された。GMのWプラットフォームをベースにしており、V6エンジンを搭載していた。ラクロスは、そのスタイリッシュなデザインと快適な乗り心地で好評を博し、ビュイックの販売台数増加に貢献した。

2代目ラクロスは、2005年に発売された。初代モデルよりも大型化され、より高級感あふれるデザインとなった。また、V6エンジンに加えて、V8エンジンも搭載されるようになった。2代目ラクロスは、初代モデルよりもさらに人気を博し、ビュイックのフラッグシップモデルとしての地位を確立した。

3代目ラクロスは、2010年に発売された。2代目モデルよりもさらに洗練されたデザインとなり、インテリアも大幅に改良された。また、V6エンジンに加えて、直列4気筒ターボエンジンも搭載されるようになった。3代目ラクロスは、2代目モデルよりもさらに人気を博し、ビュイックのフラッグシップモデルとしての地位を不動のものとした。

4代目ラクロスは、2016年に発売された。3代目モデルよりもさらにスポーティなデザインとなり、インテリアもさらに高級感あふれるものとなった。また、V6エンジンに加えて、直列4気筒ターボエンジンとV6ターボエンジンの2種類のエンジンが搭載されるようになった。4代目ラクロスは、3代目モデルよりもさらに人気を博し、ビュイックのフラッグシップモデルとしての地位をさらに高めた。

タイトルとURLをコピーしました