物外とは?広島県尾道市の銘菓の由来

スポンサーリンク

物外とは?広島県尾道市の銘菓の由来

物外とは。

広島県尾道市中屋が製造・販売している「物外」という銘菓があります。焼き饅頭の一種です。碁盤に拳骨を入れた逸話を持つ、物外和尚にちなんで、碁盤のような形をしています。

物外の由来と歴史

物外の由来と歴史

物外の由来と歴史

「物外」というお菓子は、広島県尾道市の銘菓として知られています。その名前の由来は、中国の唐の時代の詩人、白楽天の詩の一節、「且つ物外に求む(かつ、ものそとにこれを求む)」から来ているとされています。この詩の一節は、人生の楽しみは、物事の表面的で目に見える部分だけではなく、その裏にある奥深いところにある、と説いています。

物外は、昭和25年に尾道の老舗和菓子店である「むかぎの」の先代である、若山繁雄氏が考案したお菓子です。繁雄氏は、上記の白楽天の詩の一節からインスピレーションを受け、お菓子のネーミングと、その味を決めました。物外の味は、甘すぎず、あっさりとした上品な甘さで、和菓子が苦手な方でも食べやすいお菓子です。

物外は、広島県尾道市の銘菓として、全国的に知られています。尾道を訪れた際には、ぜひ一度ご賞味ください。

物外の見た目と特徴

物外の見た目と特徴

物外の見た目と特徴

物外は、秋刀魚の形をした素朴な焼き菓子で、その見た目は非常に印象的である。秋刀魚の形を表現するために、生地を細長く形成し、中央に筋目を入れて焼き上げている。また、表面には砂糖の粒が散りばめられており、これが秋刀魚の皮を思わせる食感と甘さを与えている。

物外の最大の特徴は、その独特の風味である。生地には、上質な小麦粉、砂糖、卵、バターを使用しており、焼き上げると外はカリッ、中はしっとりとした食感になる。また、生地には秋刀魚のすり身が練り込まれており、これが物外に独特の風味が与えている。

物外のもう一つの特徴は、その日持ちの良さである。物外は、焼き上げてから時間が経っても硬くなりにくく、数日経ってもおいしく食べることができる。これは、生地に含まれる油分が酸化しにくい性質を持っているためである。

物外は、その独特の風味と日持ちの良さから、尾道市の銘菓として長年親しまれてきた。現在でも、尾道市の多くの菓子店で販売されており、地元の人々や観光客に愛されている。

物外のおすすめの食べ方

物外のおすすめの食べ方

物外のおすすめの食べ方

物外は、広島県尾道市の銘菓であり、その由来は、江戸時代までさかのぼると言われています。当時は、尾道が瀬戸内海の交易の要衝として栄えており、様々な物資が行き交っていました。その中で、物外は、その美味しさから、人々に親しまれ、尾道の銘菓として知られるようになりました。

物外の原料は、小麦粉、砂糖、卵、バターなど、シンプルですが、その配合と焼き加減によって、独特の食感が生まれます。表面はサクサクとしていて、中はしっとりとしていて、口の中でホロホロと溶けていきます。

物外の食べ方は、人それぞれですが、最も一般的なのは、そのまま食べる方法です。物外のサクサクとした食感と、しっとりとした甘みが口の中で広がり、幸せな気分にさせてくれます。また、物外をアイスクリームや生クリームと一緒に食べると、よりリッチな味わいが楽しめます。さらに、物外を小さく砕いて、ヨーグルトやシリアルに混ぜても美味です。

物外は、その美味しさから、尾道市だけでなく、広島県内でも人気を博しています。また、物外は日持ちがするため、お土産としても人気があります。物外を購入する際は、尾道市の老舗和菓子店「天茂」を訪れてみてください。天茂は、1847年創業の老舗和菓子店で、物外をはじめとした様々な和菓子を販売しています。

タイトルとURLをコピーしました