キャディラックCTSの詳細を徹底解説

スポンサーリンク

キャディラックCTSの詳細を徹底解説

キャディラックCTSとは。

キャディラックCTSは、アメリカのゼネラルモーターズが2003年から製造・販売している4ドアセダンです。2010年には派生車種として2ドアクーペとステーションワゴンが追加されました。

キャディラックCTSとは

キャディラックCTSとは

キャディラックCTSとは

キャディラックCTSは、ゼネラルモーターズが製造・販売する高級スポーツセダンである。2002年に初代モデルが発売され、現在では3代目モデルが販売されている。CTSは、キャディラックのラインナップの中では中型のセダンに位置付けられており、ライバル車としてはBMW・5シリーズやメルセデス・ベンツ・Eクラスなどが挙げられる。

CTSは、キャディラックの伝統的なデザインを踏襲しつつも、スポーティでスタイリッシュな外観が特徴である。また、インテリアは高級感と機能性を兼ね備えており、快適な乗り心地を実現している。

CTSは、エンジンラインナップも豊富で、2.0L直列4気筒ターボエンジンから3.6L V6自然吸気エンジンまでを用意している。また、駆動方式は後輪駆動と四輪駆動の2種類から選択することができる。

CTSは、そのスポーティな走りと高級感あふれるインテリアで、世界中の富裕層に人気を博している。

キャディラックCTSの歴史

キャディラックCTSの歴史

キャディラックCTSの歴史

キャディラックCTSは、2003年から2019年まで生産された高級スポーツセダンです。CTSは、キャディラックのミッドサイズセダンとして位置づけられ、BMW 5シリーズやメルセデス・ベンツEクラスをライバルとしていました。

CTSは、2003年に開催された北米国際自動車ショーで初めて公開されました。CTSのデザインは、キャディラックの新しいデザイン言語である「Art & Science」を反映しており、シャープでアグレッシブなスタイリングが特徴的でした。CTSのインテリアは、高級感とスポーティさを兼ね備えたデザインとなっており、快適なドライビング環境を提供しました。

CTSには、3.6リッターV6エンジンと5.7リッターV8エンジンが搭載されました。3.6リッターV6エンジンは、255馬力と340Nmのトルクを発生し、5.7リッターV8エンジンは、304馬力と400Nmのトルクを発生しました。CTSは、後輪駆動と四輪駆動の両方が用意され、トランスミッションは6速マニュアルトランスミッションと6速オートマチックトランスミッションが設定されました。

CTSは、発売以来、そのスタイリッシュなデザインとスポーティな走りで人気を集めました。2008年には、CTSがマイナーチェンジを受け、エクステリアやインテリアのデザインが変更されるとともに、新開発の3.0リッターV6エンジンが搭載されました。3.0リッターV6エンジンは、270馬力と390Nmのトルクを発生し、CTSの走りをさらに向上させました。

2010年には、CTSがフルモデルチェンジを受け、2代目CTSが発売されました。2代目CTSは、初代CTSよりもさらにシャープでアグレッシブなスタイリングとなりました。また、インテリアも一新され、高級感とスポーティさを兼ね備えたデザインとなりました。2代目CTSには、3.6リッターV6エンジンと3.6リッターツインターボV6エンジンが搭載されました。3.6リッターV6エンジンは、321馬力と373Nmのトルクを発生し、3.6リッターツインターボV6エンジンは、420馬力と583Nmのトルクを発生しました。2代目CTSは、初代CTSよりもさらにスポーティな走りを実現し、人気を集めました。

2014年には、CTSがマイナーチェンジを受け、エクステリアやインテリアのデザインが変更されるとともに、新開発の2.0リッターターボエンジンが搭載されました。2.0リッターターボエンジンは、268馬力と400Nmのトルクを発生し、CTSの燃費を向上させました。

CTSは、2019年に生産終了となりました。CTSは、16年間の生産期間中に合計70万台以上が販売され、キャディラックを代表する人気車種となりました。

キャディラックCTSのモデルバリエーション

キャディラックCTSのモデルバリエーション

キャディラックCTSのモデルバリエーションは、大きく分けて3つあります。ベースグレードの「標準モデル」、スポーティな「Vスポーツ」、そして最上級グレードの「V」です。

標準モデルは、直列4気筒2.0Lターボエンジンを搭載し、最高出力260馬力、最大トルク295Nmを発揮します。また、8速ATと後輪駆動を採用しています。

Vスポーツは、標準モデルよりもスポーティなグレードで、直列4気筒2.0Lターボエンジンに加え、電気モーターを搭載したマイルドハイブリッドシステムを採用しています。最高出力は335馬力、最大トルクは400Nmを発揮し、8速ATと四輪駆動を採用しています。

Vは、キャディラックCTSの最上級グレードで、V型6気筒3.6Lツインターボエンジンを搭載し、最高出力420馬力、最大トルク583Nmを発揮します。また、10速ATと四輪駆動を採用しています。

この3つのモデルバリエーションに加えて、キャディラックCTSには、コンバーチブルモデルやワゴンモデルも設定されています。

タイトルとURLをコピーしました