「カップ印」物語

スポンサーリンク

「カップ印」物語

カップ印とは。

カップ印とは、日清製糖が販売する砂糖の商品名。

日清製糖の歴史と「カップ印」の誕生

日清製糖の歴史と「カップ印」の誕生

「日清製糖の歴史と「カップ印」の誕生」

日清製糖は、1906年(明治39年)に設立された、砂糖やその他の食品を製造する日本の企業です。「カップ印」は、日清製糖が1960年代に発売したインスタントラーメンのブランドです。

日清製糖は、もともと製糖会社として設立されましたが、1950年代後半にインスタントラーメンの製造を開始しました。インスタントラーメンは、1958年に日清食品が発売した「チキンラーメン」が火付け役となり、瞬く間に人気商品となりました。日清製糖もインスタントラーメン市場に参入し、1960年代に「カップ印」を発売しました。

「カップ印」は、カップ麺タイプのインスタントラーメンで、お湯を注ぐだけで簡単に作ることができます。また、「カップ印」には、さまざまな味の種類があり、その中でも「しょうゆ味」や「みそ味」は定番の味として人気があります。

「カップ印」は、発売以来、ロングセラー商品となっており、日清製糖の主力商品の一つとなっています。また、「カップ印」は、世界各国にも輸出されており、世界中で愛されているインスタントラーメンのブランドです。

「カップ印」の製造工程

「カップ印」の製造工程

「カップ印」の製造工程

「カップ印」は、昭和22年(1947年)に発売されたインスタントラーメンの元祖的存在です。当時はまだ、ラーメンを家庭で作れる商品はなく、発売されるとすぐに大ヒットしました。

「カップ印」の製造工程は、大きく分けて以下の4つのステップで構成されています。

1.原料の仕入れと精製小麦粉、卵、食塩などの原料を仕入れて精製を行います。小麦粉は、粒子の大きさを揃えたり、不純物を除去したりして、ラーメンに適した品質に仕上げます。卵は、殻を取り除いて洗浄し、乾燥させて粉末状にします。食塩は、精製して不純物を除去します。

2.麺の製造精製された原料を、水を加えて練り合わせて麺を作ります。麺の製造には、専用の機械を使用します。機械の中で、原料が均一に混ざり合い、麺の形に成形されます。

3.麺の乾燥製造された麺は、乾燥させて水分を飛ばします。乾燥させることで、麺が長持ちするようになります。

4.包装乾燥させた麺を、カップに入れて包装します。カップには、麺のほか、スープの素や具材などが入っています。包装された「カップ印」は、スーパーやコンビニエンスストアなどで販売されます。

「カップ印」のおいしさの秘密

「カップ印」のおいしさの秘密

「カップ印」のおいしさの秘密

「カップ印」のおいしさは、厳選された素材とこだわりの製法によって生み出されています。素材は、北海道産の新鮮な牛乳と、国内産の小麦粉、砂糖を使用しています。小麦粉は、独自のブレンドによって、しっとりとした食感に仕上げています。また、砂糖は、北海道産のビートから作られたグラニュー糖を使用することで、上品な甘さを実現しています。

製法においては、熟練の職人技が光っています。生地作りは、牛乳と小麦粉を丁寧に混ぜ合わせ、イースト菌を加えて発酵させます。発酵後は、生地を型に入れて焼き上げます。焼き上げた後は、一つ一つ丁寧に包装し、店頭に届けられます。

「カップ印」のおいしさは、厳選された素材とこだわりの製法によって、長年愛され続けているのです。

タイトルとURLをコピーしました