カーチス・モデル75:米カーチス社の試作戦闘機

スポンサーリンク

カーチス・モデル75:米カーチス社の試作戦闘機

カーチス・モデル75とは。

・カーチス・モデル75はアメリカのカーチス社が1935年に発表した戦闘機の試作機で、カーチスP-36(カーチスホーク75)の原型となった機体です。

カーチス・モデル75の歴史と開発

カーチス・モデル75の歴史と開発

1935年、カーチス社はアメリカ陸軍のコンペティションに参加するため、新しい戦闘機を開発することを決定しました。この機体はカーチス・モデル75と呼ばれ、1937年に初飛行しました。75は双発機で、乗員は2人で、20ミリ機関砲と12.7ミリ機関銃を搭載していました。

75は当時の他の戦闘機よりも大きく、重く、速度も遅かったため、コンペティションには落選しました。しかし、この機体は速度と航続距離に優れており、海軍は哨戒機として採用しました。75は1941年まで生産され、合計200機が製造されました。

75は第二次世界大戦中に使用され、太平洋と大西洋の両方で敵の潜水艦や艦艇を攻撃しました。この機体はまた、護衛任務にも使用され、連合国の船団をドイツの潜水艦から守りました。75は太平洋戦争中に日本海軍によって撃墜され、乗員は全員が死亡しました。75はアメリカ海軍で使用された最後の双発戦闘機であり、1945年に退役しました。

カーチス・モデル75の仕様と性能

カーチス・モデル75の仕様と性能

-# カーチス・モデル75の仕様と性能

カーチス・モデル75は、米国のカーチス社が1930年代に開発した試作戦闘機である。この航空機の仕様と性能は以下の通りである。

* 全長8.53メートル
* 全幅11.89メートル
* 全高3.05メートル
* 翼面積27.9平方メートル
* 空虚重量2,160キログラム
* 最大離陸重量2,860キログラム
* エンジンライトR-1820-F53サイクロン星型エンジン(900馬力)
* 最高速度405キロメートル毎時
* 航続距離966キロメートル
* 上昇限度9,140メートル
* 武装2挺のM2重機関銃、2発の50ポンド爆弾

カーチス・モデル75は、当時の最新鋭の戦闘機として開発されたが、結局量産されることはなかった。しかし、この航空機は、カーチス社の後の戦闘機の開発に大きな影響を与えた。

カーチス・モデル75の評価と遺産

カーチス・モデル75の評価と遺産

-カーチス・モデル75の評価と遺産-

カーチス・モデル75は、米軍またはその他の空軍によって採用されることはありませんでしたが、それでも航空の歴史における重要な航空機でした。この航空機は、第二次世界大戦中にカーチス ライト社によって開発された最初の戦闘機であり、P-36 ホークの成功に続くものでした。モデル75は、速度、上昇力、武装の点でP-36を上回り、当時開発されていた他の戦闘機と競合することが期待されていました。しかし、モデル75の開発は問題に悩まされ、最終的にはP-40 ウォーホークに置き換えられました。

モデル75は、その開発中にいくつかの問題に直面しました。その1つは、エンジンの過熱傾向でした。この問題は、排気口を再設計することで最終的に解決されましたが、遅れと開発費用の増加につながりました。もう1つの問題は、モデル75の武装でした。この航空機には、2門の20mm機関砲と4挺の12.7mm機関銃が装備されていましたが、これは当時開発されていた他の戦闘機と比較して貧弱でした。これらの問題にもかかわらず、モデル75は依然として有望な航空機であると考えられていました。

しかし、1940年にP-40 ウォーホークが飛行すると、モデル75の運命は決まりました。ウォーホークは、速度、上昇力、武装の点でモデル75を上回り、より信頼性も高かったです。その結果、モデル75はP-40に置き換えられ、生産は終了しました。

モデル75は、米軍では採用されませんでしたが、それでも航空の歴史における重要な航空機でした。この航空機は、米国の戦闘機開発における次の一歩であり、P-40 ウォーホークの成功に貢献しました。モデル75はまた、米国の航空機設計への貢献で知られている航空機設計者、ドナルド・L・ダグラスの最初の航空機でもありました。

タイトルとURLをコピーしました