ベアードビールのシングルテイク セッションエールを知る

スポンサーリンク

ベアードビールのシングルテイク セッションエールを知る

シングルテイク セッションエールとは。

シングルテイク セッションエールは、ベアードブルーイングカンパニーが製造する地ビールのひとつです。ベアードビールシリーズのひとつで、エールタイプとなります。

ベアードビールとは?

ベアードビールとは?

ベアードビールは、日本の静岡県御殿場市にあるベアードブルーイングが製造するクラフトビールです。2000年に設立されたベアードブルーイングは、日本におけるクラフトビール業界を牽引するパイオニア的存在であり、そのビールは国内外で高い評価を得ています。ベアードビールの特徴は、ホップの香りと苦味がしっかりと感じられる、アメリカンスタイルのクラフトビールです。特に、ベアードビールのシングルテイク セッションエールは、アルコール度数4.5%と低めで、ホップのシトラス系の香りと爽やかな苦味が特徴で、飲みやすいビールとして人気があります。

シングルテイク セッションエールの特徴

シングルテイク セッションエールの特徴

シングルテイク セッションエールは、ベアードビールが醸造する人気のビールです。このビールは、セッションエールを思わせる軽快で爽快な味わいながら、ホップの香りが際立った、IPAに近い風味が特徴です。

シングルテイク セッションエールは、5.5%のアルコール度数で、比較的低カロリーです。そのため、飲みやすく、暑い日やアウトドアに最適なビールです。また、ホップの香りが強いので、ビールが苦手な方でも飲みやすいでしょう。

シングルテイク セッションエールは、様々な料理と相性が良いです。特に、スパイシーな料理や、肉料理との相性は抜群です。また、チーズやナッツのおつまみともよく合います。

ベアードブルーイングカンパニーの他のビールをご紹介

ベアードブルーイングカンパニーの他のビールをご紹介

-ベアードブルースティングカンパニーの他のビール-

ベアードビールのシングルテイク セッションエールを試してみて、その味がお気に召しましたか?ベアードブルースティングカンパニーには、他にさまざまな種類のビールがあるため、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

-ベイパス ダブル IPA-

ベアードブルースティングカンパニーの旗艦ビールであるベイパス ダブル IPAは、シトラス、パイン、トロピカルフルーツの豊かな味わいを持つヘイジーダブル IPA です。ホップの風味と苦味が完璧なハーモニーを奏でるこのビールは、ホップヘッドに最適です。

-東京ブロンド-

東京ブロンドは、軽くてリフレッシュできるサマーラガーです。モルトの甘みとサティスのするような後味が特徴で、暑い日の喉を潤すのに最適です。

-シークレット ストーシュ セッション IPA-

シークレット ストーシュ セッション IPA は、軽くてホッピーなセッション IPA です。柑橘類、ハーブ、パインの風味が特徴的で、飲みやすいビールです。

-シークレット スタッシュ ダブル IPA-

シークレット スタッシュ ダブル IPA は、より高アルコールでホッピーなシークレット ストーシュ セッション IPA のバージョンです。柑橘類、トロピカルフルーツ、松の風味が特徴的で、より飲み応えのあるビールです。

-ヘンリー ゴールデン エール –

ヘンリー ゴールデン エールは、麦芽、カラメルト、ホップで作られた英国スタイルのペールエールです。モルトの甘みとホップの苦味が調和し、飲みやすいビールです。

-サンダー クラウド スタウト-

サンダー クラウド スタウトは、ローストした麦芽で作られた英国スタイルのスタウトです。ロースト麦芽の風味とチョコレートと コーヒーのような風味が特徴的で、スタウトファンに最適なビールです。

これはベアードブルースティングカンパニーのビールのほんの一例です。彼らのビールは日本全国の酒屋さんやバーで販売されていますので、ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました