「アデュー・サジェス」の誕生と魅力

スポンサーリンク

「アデュー・サジェス」の誕生と魅力

アデュー・サジェスとは。

ジャン・パトゥの香水ブランドから1925年に発売された「アデュー・サジェス」は、フランス語で「さらば、純潔」という意味です。こちらは1925年にジャン・パトゥから発売された、愛の三部作と呼ばれる香水シリーズの一つです。

香水シリーズ「愛の三部作」

香水シリーズ「愛の三部作」

香水シリーズ「愛の三部作」

ゲランは、1999年に「愛の三部作」という香水シリーズを発表し、話題を呼びました。このシリーズは、「アデュー・サジェス」、「シャンゼリゼ」、「アンブル・ナルシス」の3つの香水で構成されており、それぞれがパリの街をイメージしています。

「アデュー・サジェス」は、パリの左岸にあるサンジェルマン・デ・プレ地区をイメージした香水です。この地区は、かつて文豪や芸術家たちが集う社交場として知られており、現在でもその華やかな雰囲気を残しています。「アデュー・サジェス」は、そんなサンジェルマン・デ・プレの空気を感じさせる、エレガントで洗練された香りです。

「シャンゼリゼ」は、パリの中心部にあるシャンゼリゼ通りをイメージした香水です。この通りは、世界で最も美しい通りの一つとして知られており、昼夜を問わず多くの人々が行き交う賑やかな場所です。「シャンゼリゼ」は、そんなシャンゼリゼ通りの活気を感じさせる、華やかで軽やかな香りです。

「アンブル・ナルシス」は、パリの右岸にあるマレ地区をイメージした香水です。この地区は、中世の面影を残す街並みと、おしゃれなショップやカフェが立ち並ぶ人気のスポットです。「アンブル・ナルシス」は、そんなマレ地区の落ち着いた雰囲気を感じさせる、オリエンタルで神秘的な香りです。

「愛の三部作」は、いずれもパリの街の雰囲気を巧みに表現した、魅力的な香水シリーズです。ゲランの香水の中でも特に人気の高いシリーズで、多くの人々から愛されています。

アール・デコの新風

アール・デコの新風

アール・デコの新風

20世紀初頭、アール・デコという新しい芸術運動が生まれました。アール・デコは、アール・ヌーヴォーの有機的な曲線とは対照的な、直線と幾何学的な形を特徴とする装飾様式でした。アール・デコは、1925年のパリ万国博覧会で世界中に紹介され、瞬く間に人気を博しました。

アール・デコは、建築、インテリアデザイン、ファッション、家具、ジュエリーなど、あらゆる分野に影響を与えました。アール・デコ様式の建物は、ニューヨークのクライスラービルやエンパイアステートビル、パリのオテル・ド・ヴィルなどが有名です。アール・デコ様式のインテリアは、鮮やかな色と幾何学的な模様が特徴で、当時の映画や雑誌にもよく登場しました。

アール・デコは、アール・ヌーヴォーの優雅さと美しさを引き継ぎながら、新しい時代のアートとデザインのあり方を提示しました。アール・デコの作品は、今日でも多くの人々に愛され、世界中の美術館や博物館に所蔵されています。

華やかな時代を映し出す香り

華やかな時代を映し出す香り

-華やかな時代を映し出す香り-

「アデュー・サジェス」は、1920年代の華やかな時代であるアール・デコ全盛期に誕生したフレグランスです。

アール・デコとは、1925年にパリで開催された「国際装飾美術産業博覧会」を機に流行した、幾何学模様や直線的なフォルムを特徴とする装飾様式のこと。

モダンで華やかなこの様式は、瞬く間に世界中を席巻し、「アデュー・サジェス」は、そんなアール・デコな時代を象徴するフレグランスとして登場しました。

「アデュー・サジェス」の香りは、ベルガモット、レモン、マンダリンなどの柑橘系のノートに、ジャスミン、イランイラン、ローズなどのフローラルノートが加わった、華やかでフレッシュな香り。

そこに、サンダルウッド、パチョリ、ムスクなどの温かみのあるノートがブレンドされ、深みとエレガンスを演出しています。

-アール・デコな時代の女性像-

「アデュー・サジェス」の誕生した1920年代は、女性がより自由で自立した生き方をするようになった時代でした。

女性たちは、それまでのコルセットやロングスカートから解放され、より動きやすいファッションを身に着けるようになりました。

また、女性の参政権が認められ、社会進出も進みました。

「アデュー・サジェス」は、そんな新しい時代の女性像を象徴する香りとして、多くの女性たちから支持され、アール・デコな時代を代表するフレグランスのひとつとなりました。

タイトルとURLをコピーしました