清瀬市のコミュニティバス「きよバス」の魅力

スポンサーリンク

清瀬市のコミュニティバス「きよバス」の魅力

きよバスとは。

きよバスは、東京都清瀬市を走る「清瀬市コミュニティバス」の愛称です。西武鉄道の清瀬駅と秋津駅を結んでいます。

きよバスとは?その歴史と概要

きよバスとは?その歴史と概要

-きよバスとは?その歴史と概要-

清瀬市のコミュニティバス「きよバス」は、2002年(平成14年)7月に運行開始したコミュニティバスです。清瀬市が運行主体となり、西武バスに運行を委託しています。きよバスは、清瀬市内を巡回する3つの路線があり、それぞれ「清瀬環状コース(右回り・左回り)」「清瀬循環コース」「東循環コース」となっています。

清瀬環状コースは、清瀬駅北口を起点に、清瀬駅南口、清瀬市役所、清瀬中央公園、清瀬病院、清瀬けやき台団地、清瀬駅北口を巡回する路線です。清瀬循環コースは、清瀬駅北口を起点に、清瀬市役所、清瀬中央公園、清瀬病院、清瀬けやき台団地、清瀬駅北口を巡回する路線です。東循環コースは、清瀬駅北口を起点に、清瀬市役所、清瀬中央公園、清瀬病院、清瀬けやき台団地、清瀬駅北口を巡回する路線です。

きよバスの運賃は、大人100円、小児50円です。きよバスは、清瀬市内の交通手段として多くの人に利用されています。

きよバスの運行ルートと時刻表

きよバスの運行ルートと時刻表

きよバスの運行ルートと時刻表

きよバスは、清瀬市内を走るコミュニティバスです。運行ルートは、清瀬駅を起点に市内の各地区を巡るルートと、清瀬駅と清瀬市民病院を結ぶルートの2路線があります。運行時刻は、平日と土曜日の午前7時から午後7時までで、日曜日は運休です。運賃は、大人100円、小児50円です。

きよバスの利用方法は、バス停で手を挙げて乗車し、下車するバス停で降車ボタンを押して降車します。運賃は、乗車時にバスの運転手さんに支払います。きよバスは、市内を巡るバスなので、清瀬市内を移動するのにとても便利です。また、運賃が安いので、経済的にもお得です。

きよバスを利用するには、バス停の位置を知っておく必要があります。バス停の位置は、清瀬市のホームページで確認することができます。また、きよバスの運行ルートと時刻表は、清瀬市のホームページで確認することができます。

きよバスの利用方法と運賃

きよバスの利用方法と運賃

きよバスの利用方法と運賃

きよバスを利用する際は、乗車時に整理券を取り、降車時に運賃箱に投入する必要があります。きよバスの運賃は、大人200円、小児100円です。きよバスは、PASMOやSuicaなどの交通系ICカードも利用することができます。

きよバスの停留所には、時刻表が掲示されています。きよバスの運行時刻は、土日祝日と平日で異なります。また、きよバスは、日によっては運休となる場合があるので、事前に運行状況を確認しておく必要があります。

きよバスの停留所は、清瀬市内各所に設置されています。きよバスは、清瀬駅や清瀬市役所などの主要な施設を巡回しています。また、きよバスは、清瀬市内の病院や学校などにも停留所があります。

きよバスは、清瀬市内の移動に便利なコミュニティバスです。きよバスを利用することで、清瀬市内各所を楽に移動することができます。

タイトルとURLをコピーしました