房総の海の幸が詰まった「房州名物くじら弁当」の魅力

スポンサーリンク

房総の海の幸が詰まった「房州名物くじら弁当」の魅力

房州名物くじら弁当とは。

千葉県の房総半島南部に位置する館山市にある館山駅名物のくじら弁当は、マリンというお店で販売されています。クジラ肉のそぼろと大和煮がのったお弁当です。

房州くじら弁当の歴史と由来

房州くじら弁当の歴史と由来

房州くじら弁当の歴史と由来

房州くじらの歴史は古く、江戸時代初期にはすでに捕鯨が行われていた記録が残っています。房州くじらは、東京湾から太平洋に抜ける黒潮に乗って回遊するザトウクジラやミンククジラなどが中心です。くじらは、その大きな体から肉や皮、骨など様々なものが利用され、房州の重要な産業となっていました。

房州くじら弁当の由来は、江戸時代後期にさかのぼります。当時、房州から江戸に向けてくじら肉を運ぶ船がありました。その船の中で、くじら肉を保存するために味噌漬けにしていたところ、その味が評判となり、江戸の人たちに喜ばれるようになりました。これが房州くじら弁当の始まりだと言われています。

房州くじら弁当は、くじら肉を味噌漬けにし、ご飯の上にのせたシンプルな料理です。しかし、その素朴な味わいが人気を博し、房州の名物となりました。現在でも、房州の駅弁として愛され続けています。

絶品の鯨料理を求めて館山を訪れる

絶品の鯨料理を求めて館山を訪れる

房州名物くじら弁当は、房総の海の幸が詰まったお弁当です。房総半島は、神奈川県にある三浦半島と千葉県にある安房郡一帯のことを指し、房総半島の突端にある館山市は、くじらの街として知られています。

館山には、くじらをテーマにした飲食店がたくさんあります。くじら弁当を提供するお店も数多くありますが、その中でも一番人気のお店が「くじらの街」です。くじらの街は、館山市にあるくじら料理専門店です。新鮮なくじら肉を使った料理をリーズナブルな価格で提供しています。

くじらの街の一番人気メニューは、くじら弁当です。くじら弁当には、くじらの竜田揚げ、くじらの煮物、くじらの刺身など、くじらの料理がぎっしり詰まっています。くじらの竜田揚げは、くじらの肉を一口大に切って、片栗粉をまぶして揚げた料理です。くじらの煮物は、くじらの肉を柔らかく煮込んだ料理です。くじらの刺身は、くじらの肉を薄く切って、そのまま食べる料理です。

くじらの街のくじら弁当は、房州の海の幸が詰まったお弁当です。くじらの竜田揚げ、くじらの煮物、くじらの刺身など、くじらの料理がぎっしり詰まっています。くじらの街のくじら弁当は、館山市を訪れた際にはぜひ食べてみたい一品です。

房州くじら弁当が食べられる飲食店を紹介

房州くじら弁当が食べられる飲食店を紹介

房州くじら弁当が食べられる飲食店を紹介しましょう。

まず、鋸南町にある「くじらの博物館」内のレストラン「鯨膳」があります。目の前に広がる太平洋を眺めながら、新鮮なくじら料理を味わうことができます。名物の「くじら弁当」は、くじらの竜田揚げ、くじらのユッケ、くじらの刺身など、くじらづくしの豪華なお弁当です。

続いて、館山市にある「波奈」です。こちらでは、くじらの天ぷらやくじらの刺身が人気です。特に、「くじらの天丼」は、サクサクの衣に包まれたくじらの天ぷらがたっぷり乗ったボリューム満点の一品です。

最後に、鴨川市にある「房総半島のくじら料理 漁火」をご紹介します。こちらでは、くじらの鍋やくじらの鉄板焼きなどが味わえます。特に、「くじらの潮汁」は、くじらの旨味が凝縮されたスープが絶品です。

以上、房州くじら弁当が食べられる飲食店をいくつかご紹介しました。ぜひ、房総半島を訪れた際には、新鮮なくじら料理を味わってみてください。

タイトルとURLをコピーしました