「もぎなす」の魅力を味わおう!

スポンサーリンク

「もぎなす」の魅力を味わおう!

もぎなすとは。

もぎなすとは、京都府京都市左京区で育てられているナスです。収穫時期が早く、大きさは20gほどと小さめ。皮は濃い紫黒色で、へたと果実の境目まで色がついています。実が締まっていて、煮物や漬物にするととてもおいしいです。京都府では、「京の伝統野菜」に認定されています。

京都の伝統野菜「もぎなす」とは?

京都の伝統野菜「もぎなす」とは?

京都の伝統野菜「もぎなす」とは?

京都の伝統野菜の一つであるもぎなすは、長い歴史を持つ野菜です。起源は江戸時代初期に遡り、当時から京都の農家では盛んに栽培されていました。もぎなすは、小ぶりで丸みを帯びた形が特徴で、果皮は薄く、種が少ないのも特徴です。また、一般的なナスよりも甘みが強く、食感が柔らかいのが特徴です。もぎなすは、京都の夏の風物詩ともいえる野菜で、京都の家庭では、もぎなすを使った料理がよく作られています。例えば、もぎなすを素揚げにした「もぎなすの揚げ浸し」や、もぎなすを煮物にした「もぎなすの煮浸し」などが代表的な料理です。また、もぎなすは、漬物にしても美味しくいただけます。もぎなすの漬物は、京都の土産物としても人気があります。

「もぎなす」の特徴と栄養価

「もぎなす」の特徴と栄養価

「もぎなす」の特徴と栄養価

 もぎなすは、ナス科ナス属の多年草で、夏野菜として親しまれている。原産地はインドとされ、日本には16世紀頃に渡来した。ナスは、果皮が紫色や黒色、白色などの品種があり、果肉は白色で、ジューシーで柔らかな食感が特徴的だ。

 もぎなすは、栄養価の高い野菜である。ビタミンC、ビタミンE、カリウム、食物繊維が豊富に含まれており、これらの栄養素は、免疫力の維持、疲労回復、高血圧予防、整腸作用などに効果がある。また、もぎなすには、ポリフェノールの一種であるナスニンが含まれており、このナスニンは、抗酸化作用があり、がんや生活習慣病の予防に効果があると言われている。

「もぎなす」を使った料理レシピ

「もぎなす」を使った料理レシピ

「もぎなす」を使った料理レシピ

もぎなすはとてもおいしい野菜の1つで、様々な料理に使うことができます。ここでは、もぎなすを使った料理のレシピをご紹介します。

1. 焼きなす

焼きなすは、もぎなすをシンプルに焼いた料理です。もぎなすを半分に切り、皮目に包丁で切り目を入れてアルミホイルで包みます。オーブンで30分ほど焼けば出来上がりです。焼きなすは、そのまま食べてもおいしいですし、つけだれを添えて食べてもおいしくいただけます。

2. 煮びたし

煮びたしは、もぎなすをだし汁で煮た料理です。もぎなすを食べやすい大きさに切り、だし汁と薄口醤油、砂糖で煮ます。煮上がったら、冷やしていただきます。煮びたしは、夏の暑い日にぴったりの料理です。

3. 天ぷら

天ぷらは、もぎなすを油で揚げた料理です。もぎなすを食べやすい大きさに切り、小麦粉、卵、水で作った衣をつけてカラッと揚げます。天ぷらは、塩や天つゆを添えていただきます。

4. 炒め物

炒め物は、もぎなすを油で炒めた料理です。もぎなすを細長く切り、にんじんやピーマンなどの他の野菜と一緒に炒めます。炒め物は、ご飯のおかずにもおつまみにもぴったりです。

5. サラダ

サラダは、もぎなすを生のまま使った料理です。もぎなすを食べやすい大きさに切り、レタスやトマトなどの他の野菜と一緒にあえます。サラダは、ドレッシングをかけていただきます。

タイトルとURLをコピーしました