知っておきたい「たかちほ」の魅力

スポンサーリンク

知っておきたい「たかちほ」の魅力

たかちほとは。

たかちほは、茶の品種の一つです。別名「高千穂」とも呼ばれています。1953年に宮崎県総合農業試験場茶業支場で、既存の品種から選抜し、育てられた品種です。たかちほは中生品種であり、釜煎り茶にすると品の良い香りが特徴です。

「たかちほ」とは何か

「たかちほ」とは何か

「たかちほ」とは、宮崎県西臼杵郡高千穂町にある地域のことです。高千穂峡や高千穂神社など、自然豊かな観光スポットが数多くあります。「たかちほ」の由来は、高千穂峡の奇岩怪石が「高千穂の峰」に似ていたことから、その付近一帯を「たかちほ」と呼ぶようになったと言われています。「たかちほ」は、古くから神聖な場所とされ、多くの伝説や神話が残されています。また、「たかちほ」は、日本の伝統芸能である「神楽」の発祥の地としても知られています。

「たかちほ」の歴史

「たかちほ」の歴史

「たかちほ」の歴史は古く、石器時代から人が住んでいたことがわかっています。縄文時代には、高千穂峡にある高千穂峡岩 shelter shelter shelter shelter shelter shelter shelter shelter shelter shelter shelter shelter shelter shelter の岩陰に、人々が住んでいたことがわかっています。弥生時代には、高千穂峡の周辺に水田が作られるようになりました。古墳時代には、高千穂峡の周辺に古墳が作られるようになりました。平安時代には、高千穂峡の周辺に、高千穂神社が建てられました。高千穂神社は、日本神話に登場する天孫降臨の地とされており、多くの参拝者が訪れるようになりました。鎌倉時代には、高千穂峡の周辺に、高千穂城が建てられました。高千穂城は、島津氏の居城であり、多くの戦いの舞台となりました。安土桃山時代には、高千穂峡の周辺に、高千穂銀山が開かれました。高千穂銀山は、多くの銀を産出し、高千穂は繁栄しました。江戸時代には、高千穂峡の周辺に、高千穂街道が開通しました。高千穂街道は、高千穂と宮崎を結ぶ街道であり、多くの旅人が訪れるようになりました。明治時代には、高千穂峡の周辺に、高千穂鉄道が開通しました。高千穂鉄道は、高千穂と延岡を結ぶ鉄道であり、多くの観光客が訪れるようになりました。大正時代には、高千穂峡の周辺に、高千穂発電所が建てられました。高千穂発電所は、高千穂峡の水を利用して発電する発電所であり、多くの電気を供給しました。昭和時代には、高千穂峡の周辺に、高千穂ダムが建設されました。高千穂ダムは、高千穂峡の水を貯水するダムであり、多くの水を供給しました。平成時代には、高千穂峡の周辺に、高千穂峡遊覧船が運行を開始しました。高千穂峡遊覧船は、高千穂峡の景色を眺めながら遊覧する船であり、多くの観光客が訪れるようになりました。令和時代には、高千穂峡の周辺に、高千穂峡観光ホテルが開業しました。高千穂峡観光ホテルは、高千穂峡の景色を眺めることができるホテルであり、多くの宿泊客が訪れるようになりました。

「たかちほ」の美味しい淹れ方

「たかちほ」の美味しい淹れ方

-「たかちほ」の美味しい淹れ方-

「たかちほ」を美味しく淹れるには、まず、良質な「たかちほ」の葉を入手することが大切です。「たかちほ」の葉は、茶葉の産地や等級によって品質が異なります。一般的には、産地は鹿児島県や宮崎県、等級は特上や上等がおすすめです。
次に、淹れる器具を用意します。緑茶を淹れるには、急須と湯呑みが基本です。急須は、陶器やガラス、鉄など、さまざまな素材のものがあります。湯呑みは、シンプルなデザインのものから、華やかな装飾が施されたものまで、さまざまなものがあります。
「たかちほ」を淹れる際には、まずは茶葉を急須に入れます。茶葉の量は、急須の大きさや人数によって調整してください。一般的には、1人分あたり約3~4gが目安です。茶葉を入れたら、急須にお湯を注ぎます。お湯の温度は、約80℃がおすすめです。お湯を注いだら、急須の蓋をして約30秒待ちます。30秒経ったら、急須の蓋を開けて、湯呑みに茶を注ぎます。茶を注ぐ際には、茶葉が湯呑みに残らないように注意してください。緑茶は、淹れたてが一番美味しくいただけます。淹れた後は、すぐに飲むようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました