大分産ブランデー『HIMIKO』の歴史と魅力

スポンサーリンク

大分産ブランデー『HIMIKO』の歴史と魅力

HIMIKOとは。

「HIMIKO」は、大分県にある「三和酒類」が製造と販売を行っているブランデーの商品名です。アルコール度数は40度で、ブドウから作られています。

商品概要:『HIMIKO』とは

商品概要:『HIMIKO』とは

大分産ブランデー『HIMIKO』は、株式会社長谷川酒造が製造販売するブランデーです。大分県産の豊後梅を使用した梅酒を蒸溜して作られ、梅の香りが特徴です。『HIMIKO』という名前は、大分県を代表する女王であり、酒造りの神様と崇められていた卑弥呼に由来しています。

『HIMIKO』は、1988年に発売されました。当初は、梅酒を蒸溜する技術がなかったため、フランスからブランデーを輸入して、梅酒とブレンドしていました。しかし、後に梅酒を蒸溜する技術を確立し、現在は100%大分県産の原料を使用した『HIMIKO』を製造しています。

『HIMIKO』は、その香りと味から、国内外で高い評価を得ています。2006年には、イギリスのワイン専門誌『デキャンター』のスピリッツ&カクテル部門で、最高賞である「トロフィー」を受賞しました。また、2010年には、フランスで開催された「ブランデー・コンクール」で、金賞を受賞しています。

『HIMIKO』の製造工程

『HIMIKO』の製造工程

「HIMIKO」の製造工程

大分県産の豊後梅を100%使用した梅酒を、樫樽で3年以上熟成させて作られるのが大分産ブランデー「HIMIKO」です。この製造工程は、梅酒を樫樽で熟成させることで、梅酒の風味が豊かになり、まろやかな味わいになるように工夫されています。

まず、豊後梅を収穫し、梅酒を作ります。梅酒は、梅を潰してアルコールに漬け込み、一定期間熟成させて作られます。梅酒ができたら、樫樽に移し替えて熟成させます。樫樽は、ウイスキーやブランデーの熟成にも使われる樽で、樽に含まれるタンニンが梅酒の風味を豊かにし、まろやかな味わいにしてくれます。

樫樽で熟成させた梅酒は、蒸留器で蒸留されます。蒸留とは、梅酒を沸騰させてアルコール分を気化させ、その気体を冷やして液体に戻す作業です。蒸留された梅酒は、アルコール度数が上がり、よりクリアな味わいになります。

蒸留された梅酒は、樫樽でさらに熟成させられます。この熟成期間は、梅酒の種類や製造者によって異なりますが、一般的には3年以上熟成させるのが一般的です。樫樽で熟成させることで、梅酒の風味がさらに豊かになり、まろやかな味わいになります。

熟成を終えた梅酒は、瓶詰めされて出荷されます。大分産ブランデー「HIMIKO」は、梅酒の風味が豊かで、まろやかな味わいが特徴です。ストレートやオンザロックで飲むのがおすすめです。

『HIMIKO』の飲み方と楽しみ方

『HIMIKO』の飲み方と楽しみ方

「HIMIKO」の飲み方と楽しみ方

「HIMIKO」は、ストレート、ロック、水割り、ソーダ割りなど、さまざまな飲み方でお楽しみいただけます。

ストレートで飲むと、ブランデー本来の芳醇な香りと味わいをダイレクトに感じることができます。ロックで飲むと、氷が溶けることでブランデーがマイルドになり、より飲みやすくなります。水割りやソーダ割りで飲むと、ブランデーのアルコール度数が下がり、より爽やかな飲み口になります。

「HIMIKO」は、食前酒や食後酒として、また、パーティーや特別な日の飲み物として、さまざまなシーンで活躍します。

ストレートで飲むときは、ブランデーグラスに「HIMIKO」を注ぎ、グラスを回して香りを楽しみます。一口含み、口の中でブランデーの風味が広がるのを感じながらゆっくりと味わいます。

ロックで飲むときは、グラスに氷を数個入れ、「HIMIKO」を注ぎます。氷が溶けることでブランデーがマイルドになり、より飲みやすくなります。

水割りやソーダ割りで飲むときは、グラスに氷を数個入れ、「HIMIKO」と水またはソーダを同量注ぎます。ブランデーのアルコール度数が下がり、より爽やかな飲み口になります。

「HIMIKO」は、大分県産のブドウを使用したブランデーです。大分県の豊かな自然と職人の技が詰まった、芳醇な香りと味わいのブランデーです。さまざまな飲み方でお楽しみいただき、その魅力を存分に味わってください。

タイトルとURLをコピーしました