ムクドリ科について学ぼう!

スポンサーリンク

ムクドリ科について学ぼう!

ムクドリ科とは。

ムクドリ科は、スズメ目(小鳥の目)に属し、世界に広く分布している鳥のグループです。アフリカ、ユーラシア、オセアニアの3大陸に生息しており、日本にも3種類のムクドリ科の鳥が生息しています。

ムクドリ科の鳥は、一般的に小さく、シジュウカラくらいの大きさです。体色は暗褐色や灰色系の鳥が多く、目立つ特徴はありません。しかし、群れを作ることで知られており、電線や樹上にたくさんのムクドリが止まっている様子を見かけることがあります。

ムクドリ科の鳥は、昆虫や果物、穀物を食べます。また、街中では人間が食べ残した食べ物を拾い集めて食べることもあります。日本では、ムクドリやコムクドリが害鳥として駆除されることがあります。しかし、ムクドリ科の鳥は、街の景観を豊かにする存在でもあります。

ムクドリ科の特徴とは

ムクドリ科の特徴とは

ムクドリ科は、スズメ目ムクドリ科に属する鳥のグループです。ムクドリ科の鳥は、世界中に生息しており、その種類は200種以上と言われています。ムクドリ科の鳥は一般的に、小型で、くちばしが短く、尾が長いです。また、ムクドリ科の鳥は、雑食性で、果物、昆虫、種子などを食べます。ムクドリ科の鳥は、群れを作って生活することが多く、その鳴き声はうるさいとされることもあります。ムクドリ科の鳥の中で、日本ではムクドリ、ヒヨドリ、シジュウカラなどが有名です。

ムクドリ科の生息地と分布

ムクドリ科の生息地と分布

-ムクドリ科の生息地と分布-

ムクドリ科は、世界中に分布する鳥類の一種であり、約150〜200種が存在しています。主に熱帯地域に生息しており、アフリカ、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、北米、南米に分布しています。中でも、アジアには多くの種が生息しており、日本ではムクドリ、ホオジロ、スズメなど、約20種のムクドリ科の鳥が生息しています。

ムクドリ科の鳥々は、様々な生息地に適応しており、森林、草原、農地、都市部など、様々な場所で見ることができます。森林では、主に木々を住みかとしており、草原では、草むらや茂みの中で生活しています。農地では、田畑や果樹園などで餌を探し、都市部では、公園や街路樹などで生活しています。

ムクドリ科の鳥々は、種子や昆虫を主食としており、雑食性の鳥であるため、様々なものを食べることができます。木の実や果物、花や蜜、昆虫やクモなど、何でも食べます。また、農作物を食べることもあるため、害鳥とされることもあります。

日本で知られるムクドリ科の鳥

日本で知られるムクドリ科の鳥

日本に生息するムクドリ科の鳥は数多くいますが、その中でも代表的な種を紹介します。

まず、ムクドリは、全長約24cm、体重約80gの小型の鳥です。頭と背は黒色、腹は白色で、嘴は黄色いです。ムクドリは、森林や農地、市街地など、様々な環境に生息しています。雑食性で、果物、種子、昆虫などを食べます。

また、ハッカチョウは、全長約27cm、体重約100gの中型の鳥です。頭と背は黒色、腹は白色で、嘴は黄色です。ハッカチョウは、森林や農地に生息しています。雑食性で、果物、種子、昆虫などを食べます。

そして、ビンズイは、全長約15cm、体重約20gの小型の鳥です。頭と背は黒色、腹は白色で、嘴は黄色です。ビンズイは、森林や農地に生息しています。昆虫食で、主にアブやハエなどの昆虫を食べます。

最後に、ヒヨドリは、全長約23cm、体重約40gの中型の鳥です。頭と背は灰褐色、腹は白色で、嘴は黒色です。ヒヨドリは、森林や農地、市街地など、様々な環境に生息しています。雑食性で、果物、種子、昆虫などを食べます。

タイトルとURLをコピーしました