「竜眼」の魅力と飼育方法

スポンサーリンク

「竜眼」の魅力と飼育方法

竜眼とは。

竜眼は、中国産の金魚の一種です。和蘭獅子頭と出目金という2種類の金魚を交配させて作られました。和蘭獅子頭のような体形をしていて、目玉が飛び出しているのが特徴です。「ドラゴンアイ」「出目オランダ」とも呼ばれます。

竜眼の歴史と特徴

竜眼の歴史と特徴

-竜眼の歴史と特徴-

竜眼は、古くから中国で栽培されている果樹です。日本では、平安時代に中国から伝わったとされ、現在では沖縄県や九州地方などで栽培されています。竜眼は、リュウガン科リュウガン属の常緑樹で、樹高は10mほどになります。葉は楕円形で、先は尖っています。花は白色で、芳香があります。果実は球形で、直径は2~3cmほどです。果皮は薄く、緑色をしています。果肉は白くて半透明で、甘みがあります。

竜眼は、多雨多湿の気候を好みます。日当たりの良い場所で育てると、よく育ちます。水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料は、春と秋に与えます。剪定は、毎年冬に行います。

竜眼は、害虫や病気にかかりにくい果樹です。しかし、アゲハチョウの幼虫やハダニに注意が必要です。アゲハチョウの幼虫は、葉を食べます。ハダニは、葉の裏に寄生して、葉を吸汁します。アゲハチョウの幼虫やハダニが発生したら、早めに駆除しましょう。

竜眼は、果実だけでなく、葉や花も薬効があると言われています。葉は、下痢止めや消炎剤として用いられます。花は、解熱剤や鎮痛剤として用いられます。しかし、竜眼の薬効は、まだ十分に研究されていません。竜眼を薬用として用いる場合は、医師に相談した上で使用しましょう。

竜眼の飼育方法

竜眼の飼育方法

竜眼の飼育方法

竜眼の育て方は他の果樹と似ている面もありますが、いくつかの注意点があります。まずは、土壌作りです。竜眼は水はけの良い土壌を好みます。そのため、水はけの悪い土壌の場合は、パーライトやバーミキュライトなどの軽石を混ぜて水はけを良くしましょう。

次に、植え付けです。竜眼は、春または秋に植え付けを行います。植え付けする際は、根を傷つけないように注意しましょう。また、植え付け後は、水をたっぷり与えましょう。

竜眼は、日当たりの良い場所で育ちます。しかし、直射日光に長時間当てると、葉焼けを起こすことがあります。そのため、真夏の強い日差しを遮る工夫が必要です。

竜眼は、水を好む植物です。しかし、過湿を嫌います。そのため、水やりは土壌が乾いてから行いましょう。また、肥料は、春と秋に施します。

竜眼は、病害虫に比較的強い植物です。しかし、カイガラムシやハダニなどの害虫がつくことがあります。害虫が発生した場合は、早めに駆除しましょう。

竜眼は、実がなるまで3~4年かかります。しかし、一度実がなると、毎年たくさんの実を収穫することができます。竜眼は、生食しても美味しいですが、ジャムやジュースなどの加工品にも利用することができます。

竜眼の繁殖方法

竜眼の繁殖方法

竜眼の繁殖方法は、主に挿し木と接ぎ木で行われます。

挿し木の場合、まず元気な親木から15~20cmほどの枝を切ります。切り取った枝を水に浸し、数時間養分を吸わせます。その後、挿し床に挿して土をかけ、水を与えます。挿し床は、赤玉土や鹿沼土など、水はけの良い土を使用します。

接ぎ木の場合、まず台木と穂木を準備します。台木は、竜眼の苗木を使用します。穂木は、元気な親木から10cmほどの枝を切ります。穂木を台木の切り口に接ぎ合わせ、テープなどで固定します。接ぎ木した苗木は、日当たりのよい場所で管理し、定期的に水を与えます。

竜眼の繁殖には、挿し木と接ぎ木の2つの方法があります。挿し木は、簡単にできる方法ですが、接ぎ木に比べて成功率が低いです。接ぎ木は、挿し木に比べて成功率が高い方法ですが、技術が必要です。

タイトルとURLをコピーしました