「ヤマヨシの日」にポテトチップスを味わおう!

スポンサーリンク

「ヤマヨシの日」にポテトチップスを味わおう!

ヤマヨシの日とは。

ヤマヨシの日とは、8月4日のことです。山芳製菓株式会社が、自社のポテトチップスやスナック菓子の宣伝のために制定しました。

「ヤマヨシの日」ってどんな日?

「ヤマヨシの日」ってどんな日?

「ヤマヨシの日」ってどんな日?

「ヤマヨシの日」は、ポテトチップスを製造・販売するヤマヨシ株式会社が制定した記念日です。日付はヤマヨシ株式会社が創業した1947年(昭和22年)4月17日に由来しています。

ヤマヨシ株式会社は、大阪市西成区に本社を置く日本の食品メーカーです。1947年(昭和22年)に創業し、ポテトチップスやスナック菓子、米菓などを製造・販売しています。

「ヤマヨシの日」は、ヤマヨシ株式会社の創業日であり、ポテトチップスの日でもあります。この日にちなんで、ヤマヨシ株式会社ではポテトチップスの特別セールやイベントが行われることがあります。また、ポテトチップスを食べる人も多いようです。

ヤマヨシのポテトチップスは、独自の製法で製造されており、サクサクとした食感と、素材の旨味を活かした味わいが特徴です。また、さまざまなフレーバーが展開されており、その日々の気分や好みに合わせて選ぶことができます。

「ヤマヨシの日」は、ポテトチップスを味わうのにぴったりの日です。ヤマヨシのポテトチップスを食べて、この特別な日を楽しみましょう!

ヤマヨシの日におすすめのスナック菓子

ヤマヨシの日におすすめのスナック菓子

ヤマヨシの日におすすめのスナック菓子

近年、ポテトチップスの日として親しまれている8月10日は、実は「ヤマヨシの日」でもあります。ヤマヨシとは1909年(明治42年)に創業した日本の老舗菓子メーカーで、1965年(昭和40年)に「かっぱえびせん」を発売して以降、スナック菓子の製造・販売で広く知られるようになりました。ヤマヨシの日は、ヤマヨシが「かっぱえびせん」の発売50周年を記念して2015年に制定した記念日で、かっぱえびせんをはじめとするヤマヨシのさまざまなスナック菓子をおいしく味わう日として親しまれています。ヤマヨシの日におすすめのスナック菓子をいくつかご紹介します。

「かっぱえびせん」は、ヤマヨシのスナック菓子の中でも特に人気の高いロングセラー商品です。海老の風味が香ばしく、サクサクとした食感は一度食べ始めると止まらないおいしさです。

「さばえびせん」は、さばの旨味を活かしたスナック菓子です。さばの風味が口いっぱいに広がり、後を引くおいしさです。

「えびまよネーズせん」は、エビとマヨネーズの風味が絶妙にマッチしたスナック菓子です。まろやかなマヨネーズの風味がエビの旨味を引き立て、ビールやハイボールのおつまみにもぴったりです。

「たこわさマヨネーズせん」は、たこの旨味とわさびの風味が効いたスナック菓子です。わさびの辛みがピリッとアクセントになっており、ついつい手が伸びるおいしさです。

ヤマヨシの日には、かっぱえびせんをはじめとするヤマヨシのさまざまなスナック菓子をおいしく味わってはいかがでしょうか。

ヤマヨシの会社について

ヤマヨシの会社について

ヤマヨシは、日本のポテトチップスメーカーです。1932年に創業し、現在では国内有数のポテトチップスメーカーとして知られています。ヤマヨシのポテトチップスは、そのカリカリとした食感と濃厚な風味が特徴で、多くの人に愛されています。

ヤマヨシのポテトチップスは、厳選されたじゃがいもを使用し、独自の製法で製造されています。じゃがいもを薄切りにして、植物油で揚げてから、塩や他の調味料で味付けします。ヤマヨシのポテトチップスは、そのカリカリとした食感と濃厚な風味が特徴で、多くの人に愛されています。

ヤマヨシのポテトチップスは、全国のスーパーやコンビニエンスストアで販売されています。また、ヤマヨシの公式オンラインショップでも購入することができます。ヤマヨシのポテトチップスは、そのまま食べても美味しいですが、サラダやスープなどに加えても美味しく食べることができます。

タイトルとURLをコピーしました