プロレスの打撃技「延髄蹴り」

スポンサーリンク

プロレスの打撃技「延髄蹴り」

延髄蹴りとは。

延髄蹴りとは、プロレスの打撃技のひとつであり、延髄斬りと同義です。

延髄蹴りの歴史

延髄蹴りの歴史

延髄蹴りの歴史

プロレスの打撃技「延髄蹴り」は、1950年代に誕生した比較的新しい技である。起源はアメリカのプロレスラー、ブルーノ・サンマルチノにあると言われている。サンマルチノは、当初は相手の頭部を蹴飛ばす「ヘッドキック」を使っていたが、ある試合で誤って相手の首を蹴飛ばしてしまった。この時、相手の体が硬直して動けなくなったことから、サンマルチノは「延髄蹴り」という新技を編み出したのである。

延髄蹴りは、相手の延髄を蹴り上げる技で、非常に危険な技である。延髄とは、脳幹と脊髄をつなぐ重要な部位であり、延髄蹴りを食らうと、脳震盪や頸椎損傷などの重傷を負う可能性がある。そのため、延髄蹴りはプロレスの中でも禁止技とされている。しかし、その危険性ゆえに、延髄蹴りはプロレスファンに大きな衝撃を与え、一躍プロレス界の人気技となった。

延髄蹴りは、サンマルチノの他、スタン・ハンセン、アンドレ・ザ・ジャイアント、ハルク・ホーガンなど、多くのプロレスラーによって使用された。中でも、スタン・ハンセンの延髄蹴りは「殺人パワーボム」と呼ばれ、その破壊力はプロレス界屈指と言われている。

延髄蹴りは、現在でも多くのプロレスラーによって使用されている技であり、プロレス界の代名詞ともいえる技となっている。しかし、延髄蹴りは非常に危険な技であるため、使用には細心の注意が必要である。

延髄蹴りの種類

延髄蹴りの種類

-延髄蹴りの種類-

延髄蹴りは、その攻撃方法によっていくつかの種類に分けられます。

-1. ジャンピング延髄蹴り-

助走をつけてジャンプし、空中で体をひねって相手の延髄を蹴る技です。最もオーソドックスな延髄蹴りで、プロレスラーの多くがこの技を使用します。

-2. ランニング延髄蹴り-

助走をつけて相手に走り寄り、その場でジャンプせずに延髄を蹴る技です。ジャンピング延髄蹴りよりも踏み込む力が強いため、威力があります。

-3. コーナー延髄蹴り-

コーナーに相手を追い詰めてから、コーナーにジャンプして相手の延髄を蹴る技です。コーナーに追い詰められた相手は逃げ場がなく、この技をくらうと大ダメージを受けます。

-4. 変形延髄蹴り-

延髄蹴りをアレンジした技で、さまざまなバリエーションがあります。代表的な変形延髄蹴りとして、以下のようなものがあります。

* -旋回式延髄蹴り-助走をつけてジャンプし、空中で体をひねって相手の延髄を回し蹴りする技です。
* -ダブル延髄蹴り-2人のプロレスラーが同時に延髄蹴りを放つ技です。
* -トリプル延髄蹴り-3人のプロレスラーが同時に延髄蹴りを放つ技です。

変形延髄蹴りは、プロレスラーの独創性によってさまざまなバリエーションが生み出されています。

延髄蹴りの狙い

延髄蹴りの狙い

延髄蹴りの狙い

延髄蹴りは、プロレスにおいて非常に効果的な打撃技のひとつです。その狙いは、相手の延髄を攻撃することによって、脳震盪を引き起こし、試合を有利に進めることにあります。延髄とは、脳幹と脊髄をつなぐ部分であり、非常にデリケートな部分です。延髄蹴りがヒットすれば、相手は激痛を感じ、一時的に意識を失うこともあります。また、延髄蹴りは首を骨折する危険性もあるため、非常に危険な技でもあります。しかし、延髄蹴りは一撃で試合を決めることができるため、プロレスラーにとっては魅力的な技でもあります。

延髄蹴りは、相手の背後から放つことが多いです。これは、相手が延髄蹴りを予測しにくくするためです。また、延髄蹴りはジャンプして放つ場合と、しゃがみ込んだ状態から放つ場合があります。ジャンプして放つ延髄蹴りは、より大きな威力がありますが、相手がかわす確率も高くなります。しゃがみ込んで放つ延髄蹴りは、威力は小さくても、相手の動きを封じ込めることができます。

延髄蹴りは、プロレスラーにとって非常に重要な技のひとつです。この技を上手く使いこなすことで、試合を有利に進めることができます。しかし、延髄蹴りは危険な技でもあるため、安易に使用するべきではありません。

タイトルとURLをコピーしました