岐阜県の名酒「百春」の秘密

スポンサーリンク

岐阜県の名酒「百春」の秘密

百春とは。

百春は岐阜県の小坂酒造場が作る日本酒で、全国新酒鑑評会で金賞を受賞したことがある。

全国新酒鑑評会金賞受賞歴を持つ名酒

全国新酒鑑評会金賞受賞歴を持つ名酒

岐阜県の名酒「百春」は、全国新酒鑑評会で金賞を受賞した実績を持つ名酒です。このお酒は、岐阜県産の酒米「美山錦」と、岐阜県の名水「金華山」の伏流水を使用し、伝統的な製法で丁寧に造られています。百春は、フルーティーな香りと、キレのある味わいが特徴のお酒です。全国新酒鑑評会は、毎年開催される、全国の酒蔵が出品する新酒を審査する大会です。金賞を受賞するには、厳しい審査基準をクリアする必要があります。百春は、2008年から2018年までの11年連続で金賞を受賞しており、その品質の高さが認められています。百春は、全国各地の酒販店や、オンラインショップで購入することができます。また、岐阜県内の飲食店でも提供されています。

百春の魅力は、そのフルーティーな香りと、キレのある味わいです。口に含むと、華やかな香りとともに、米の旨味が広がります。後味はすっきりとしていて、飲み飽きしません。百春は、冷やして飲むのがおすすめです。冷やすことで、フルーティーな香りと、キレのある味わいがさらに引き立ちます。百春は、刺身や焼き魚など、日本の伝統的な料理と相性抜群です。また、チーズやサラミなどの洋風料理にも合います。百春は、どんな料理にも合わせやすい万能のお酒です。

百春が愛される理由

百春が愛される理由

百春が愛される理由

岐阜県の名酒「百春」は、その豊かな味わいから多くの人々に愛されています。百春の魅力は、まずその香りの高さにあります。フルーティーで華やかな香りは、飲む前からそのおいしさを予感させます。そして、口に含むと、その滑らかな口当たりとまろやかな味わいが広がります。百春の味わいは、甘味、酸味、苦味のバランスが絶妙で、まさに「百花繚乱」といえるでしょう。

百春が愛されるもう一つの理由は、その飲みやすさです。百春は、アルコール度数が15度と低めで、初心者でも飲みやすいお酒です。また、冷やしても燗にしてもおいしくいただけるので、季節や気分に合わせて楽しめます。百春は、そのおいしさと飲みやすさから、様々なシーンで活躍するお酒として親しまれています。

百春は、そのおいしさと飲みやすさから、多くの人々に愛されているお酒です。百春を飲めば、その魅力にきっととりつかれることでしょう。

百春の製造過程

百春の製造過程

百春の製造過程

百春は、岐阜県高山市にある蔵元「百春酒造」で製造されている日本酒です。百春の製造過程は、酒米の仕入れから始まり、精米、洗米、浸漬、蒸米、放冷、種麹造り、製麹、もろみ造り、発酵、上槽、火入れ、熟成、瓶詰めまで、すべて手作業で行われています。

百春に使用される酒米は、岐阜県産の「ひだほまれ」と「五百万石」です。ひだほまれは、大粒で酒造りに適しており、五百万石は、小粒で辛口の酒に仕上がります。百春は、この2種類の酒米をブレンドして使用することで、まろやかな口当たりとキレのある後味を実現しています。

百春の製造過程で最も重要な工程の一つが、麹造りです。麹は、米と麹菌を混ぜて発酵させたものです。百春では、自社で麹を造っており、麹菌の培養から管理まで、すべて手作業で行っています。百春の麹は、低温で丁寧に発酵させることで、甘味と旨味を引き出しています。

百春のもろみは、酒米、水、麹を混ぜて発酵させたものです。百春のもろみは、約2週間かけて発酵させます。発酵中は、もろみを常に一定の温度に保つ必要があります。百春では、もろみの温度を厳密に管理することで、雑菌の繁殖を防ぎ、風味の良い酒を造っています。

百春の発酵が終わると、上槽を行います。上槽とは、もろみを絞って酒と酒粕に分離する作業です。百春では、もろみを丁寧に絞ることで、雑味のない澄んだ酒を造っています。

百春の上槽が終わると、火入れを行います。火入れとは、酒を殺菌して品質を安定させる作業です。百春では、酒を約65℃に加熱して火入れを行います。火入れを行うことで、百春は雑菌の繁殖を防ぎ、長期保存が可能になります。

百春の発酵が終わると、上槽を行います。上槽とは、もろみを絞って酒と酒粕に分離する作業です。

百春は、火入れの後、熟成させます。熟成期間は、百春の種類によって異なります。百春の熟成期間は、短くて半年、長いものでは3年にもなります。百春は、熟成させることで、まろやかな口当たりと深みのある味わいに仕上がります。

百春は、熟成が終わると、瓶詰めされます。百春の瓶詰めは、すべて手作業で行われています。百春の瓶詰めは、丁寧に瓶に詰められ、ラベルが貼られ、出荷されます。

百春は、岐阜県の名酒として、全国各地で愛飲されています。百春は、そのまろやかな口当たりとキレのある後味が特徴です。百春は、冷やして飲むのが一般的ですが、お燗にして飲むのもおすすめです。百春は、魚介類や肉料理、和食にも洋食にも合う日本酒です。

タイトルとURLをコピーしました