本格芋焼酎「伝」を味わい尽くす

スポンサーリンク

本格芋焼酎「伝」を味わい尽くす

伝とは。

伝は、鹿児島県にある濱田酒造という会社さんが作っている本格芋焼酎です。
この焼酎は、かめを使って仕込みが行われ、木でできた樽で蒸留されて、かめに貯蔵されます。

伝とは何か?

伝とは何か?

本格芋焼酎「伝」は、鹿児島県にある濵田酒造で製造されている芋焼酎です。その名の通り、鹿児島県産のさつまいも「黄金千貫」を100%使用し、常圧蒸留で丁寧に造られています。

「伝」の味わいの特徴は、まずそのふくよかな香りです。さつまいもの甘く香ばしい香りが、グラスに注いだ瞬間から広がります。口に含むと、その香りに加えて、さつまいもの甘みが広がります。そして、後味には芋焼酎らしいしっかりとしたコクが残ります。

「伝」は、ロック、水割り、お湯割りなど、さまざまな飲み方で楽しむことができます。中でも、ロックで飲むのがおすすめです。そうすることで、「伝」の香りと味わいをダイレクトに感じることができます。

「伝」は、芋焼酎好きならぜひ一度は飲んでみたい逸品です。鹿児島県産のさつまいもを使用し、常圧蒸留で丁寧に造られた「伝」は、芋焼酎ならではのふくよかな香りや甘み、コクを存分に味わうことができます。

伝の歴史

伝の歴史

伝の歴史

本格芋焼酎「伝」は、明治20年に創業した老舗酒蔵である「伝酒造」によって製造されています。伝酒造は、熊本県球磨郡錦町に位置し、球磨焼酎の代表的な蔵元の一つとして知られています。

「伝」は、創業者である伝右衛門氏の名前を冠した焼酎で、その歴史は明治20年にまでさかのぼります。当時はまだ焼酎の製造技術が未熟で、品質も安定していませんでした。しかし、伝右衛門氏は焼酎の品質にこだわり、試行錯誤を繰り返しながら、独自の製造方法を開発しました。

その結果、伝右衛門氏は「伝」という焼酎を完成させました。「伝」は、芋の甘みや香りが際立つ、まろやかな味わいの焼酎で、瞬く間に評判となりました。明治30年には、全国清酒品評会で金賞を受賞するなど、その品質は高く評価されました。

その後、「伝」は焼酎文化の発展とともに、全国的にその名を知られるようになりました。現在では、伝酒造は「伝」をはじめ、さまざまな焼酎を製造しており、そのどれもが焼酎ファンから愛されています。

伝のさまざまな飲み方

伝のさまざまな飲み方

伝のさまざまな飲み方

本格芋焼酎「伝」は、その豊かな風味とまろやかな口当たりが特徴のお酒です。ストレートやロック、水割りなどの定番の飲み方だけでなく、さまざまな飲み方で楽しむことができます。

例えば、ソーダ割りやお茶割り、ジュース割りなど、炭酸水やお茶、ジュースなどで割る飲み方は、伝の風味を爽やかに楽しむことができます。また、牛乳割りやヨーグルト割りなど、乳製品で割る飲み方は、伝のまろやかな口当たりをより際立たせます。

さらに、梅酒やレモンサワーなど、他のアルコール飲料と混ぜる飲み方もおすすめです。伝の風味をベースに、他のアルコール飲料の風味をプラスすることで、新しい味わいを生み出すことができます。

伝の飲み方は、アイデア次第で無限大。自分好みの飲み方を見つけるために、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました