十勝バタースティックの魅力と進化

スポンサーリンク

十勝バタースティックの魅力と進化

十勝バタースティックとは。

「十勝バタースティック」は、Pasco(敷島製パン)が1999年から発売している菓子パンのブランドです。北海道十勝地方産のバターを使用しており、レーズン入りの「十勝バターレーズンスティック」やチョコチップ入りの「十勝バターチョコスティック」など、さまざまなシリーズがあります。

十勝バタースティックの誕生と歴史

十勝バタースティックの誕生と歴史

十勝バタースティックの誕生と歴史

十勝バタースティックは、北海道十勝地方で生産されているバターの一種です。その歴史は、1910年に十勝に酪農が導入されたことに始まります。1920年代には、十勝バタースティックの前身となる「十勝バター」が生産されるようになりました。当初、十勝バターは木製の桶に詰められて販売されていましたが、その後、棒状に成形して包装するようになったことから、「十勝バタースティック」と呼ばれるようになりました。

十勝バタースティックは、そのまろやかな味わいと風味で人気を集め、やがて北海道外にも出荷されるようになりました。1950年代には、十勝バタースティックは全国的な知名度を獲得し、北海道を代表する特産品となりました。

十勝バタースティックの生産は、現在でも十勝地方の酪農家によって行われています。十勝バタースティックは、北海道の豊かな自然の中で育った乳牛から搾乳された生乳で作られています。生乳は、乳酸菌や酵母などの微生物を加えて発酵させ、バターに加工されます。発酵によって、バターに特有のまろやかな風味とコクが生まれます。

十勝バタースティックは、北海道の豊かな食文化を象徴する特産品です。朝食のトーストに塗ったり、お菓子の材料に使ったりと、さまざまな用途で楽しめます。

十勝バタースティックのこだわりと人気

十勝バタースティックのこだわりと人気

十勝バタースティックのこだわりと人気

十勝バタースティックは、北海道十勝地方の豊かな自然の中で作られたバターです。そのこだわりは、原料となる牛乳から始まります。十勝地方は、酪農に適した気候風土で、牧草地が広く、牛たちが健康に育ちやすい環境です。そのために、搾られる牛乳は高品質で、バターに適しています。

また、バター作りの工程にもこだわりがあります。十勝バタースティックは、生クリームを伝統的な製法で丁寧に発酵させ、熟成させて作られています。この工程によって、バターに独特の風味とコクが生まれます。

十勝バタースティックは、その品質とおいしさから、多くの人々に人気があります。パンやトーストに塗ったり、お菓子作りに使ったり、様々な料理に活用できます。また、そのまま食べても、その濃厚な味わいが楽しめます。

十勝バタースティックは、十勝地方の豊かな自然と酪農家のこだわりが詰まった逸品です。そのおいしさは、多くの人々を魅了しています。

十勝バタースティックの進化とバリエーション

十勝バタースティックの進化とバリエーション

十勝バタースティックの進化とバリエーション

十勝バタースティックは、バターそのものの美味しさを追求しつつ、新しい味や形、食感の開発にも取り組んでいます。例えば、十勝バタースティックを専用の機械で絞り出して作られる「十勝絞りバター」は、細長く絞り出された形が特徴で、そのままでも、料理に使っても美味しく召し上がっていただけます。また、十勝バタースティックをベースに、北海道産のハスカップやブルーベリーなどの果実を練り込んだ「十勝フルーツバター」も人気です。果実の甘酸っぱさとバターの濃厚さが絶妙にマッチし、トーストやパンケーキに塗ったり、お菓子作りに使用したりしても美味しく召し上がっていただけます。さらに、十勝バタースティックを燻製にして仕上げた「十勝燻製バター」もあり、燻製の香ばしさがバターの風味を引き立て、ステーキや魚料理のソースとして使用すると、より一層美味しく召し上がっていただけます。

タイトルとURLをコピーしました