新選国語辞典の特徴と魅力

スポンサーリンク

新選国語辞典の特徴と魅力

新選国語辞典とは。

「新選国語辞典」とは、小学館から発行されている小型の国語辞典です。初版は1959年に発行され、現時点での最新版は『第九版』で、2011年に発行されました。金田一京助、佐伯梅友、大石初太郎、野村雅昭、木村義之の5人が編纂しており、総収録語数は9万320語です。

新選国語辞典の歴史

新選国語辞典の歴史

新選国語辞典の歴史

新選国語辞典は、1891年(明治24年)に出版された国語辞典です。編者は、東京帝国大学教授の井上哲次郎博士です。井上博士は、近代国語学の第一人者であり、新選国語辞典は、彼の国語学の研究の成果を集大成したものです。

新選国語辞典は、それまでの国語辞典とは一線を画した画期的な辞典でした。それまでの国語辞典は、漢字を部首順に配列したものがほとんどでしたが、新選国語辞典は、五十音順に配列しました。これは、国語辞典をより使いやすいものにし、一般の人にも広く利用されるようになりました。

また、新選国語辞典は、それまでの国語辞典にはなかった多くの情報を掲載しました。例えば、漢字の読み方、書き方、意味、用例、類義語、対義語、故事成語などです。これにより、新選国語辞典は、単なる国語辞典ではなく、国語の百科事典としての役割も果たすようになりました。

新選国語辞典は、出版以来、多くの人々に利用され、日本の国語教育に大きな影響を与えました。また、新選国語辞典は、多くの国語辞典のモデルとなり、日本の国語辞典の発展に大きく貢献しました。

新選国語辞典の特徴

新選国語辞典の特徴

新選国語辞典の特徴は、そのコンパクトなサイズと、豊富な収録語彙にあります。新選国語辞典は、ポケットに入れて持ち運ぶことができるサイズでありながら、約6万語を収録しています。これは、一般的な国語辞典の収録語彙よりも多く、日常生活で必要な言葉はほとんどカバーしています。また、新選国語辞典は、最新の言葉や流行語を積極的に取り入れているため、常に新しい言葉を知ることができます。

新選国語辞典の魅力は、そのわかりやすい解説にあります。新選国語辞典は、難しい言葉や熟語を、平易な言葉で解説しています。また、言葉の由来や用法なども丁寧に解説しているので、言葉の理解を深めることができます。さらに、新選国語辞典は、豊富な用例を掲載しているので、言葉の正しい使い方を学ぶことができます。

新選国語辞典の魅力

新選国語辞典の魅力

新選国語辞典の魅力とは、その便利さと使いやすさにあります。この辞書は、日常生活でよく使われる単語や熟語を網羅しており、さらに、その意味や用法をわかりやすく説明しています。また、この辞書は、見出し語を五十音順に並べているため、調べたい言葉が見つけやすく、さらには、見出し語の下にその読み方やアクセントを表記しているため、正しい発音で言葉を話すことができます。

さらに、この辞書の魅力は、その豊富な付録にあります。この辞書には、漢字の読み方や書き方を示した「漢字字典」や、慣用句や故事成語を解説した「慣用句・故事成語辞典」などが収録されており、これらを活用することで、自分の語彙力を高めることができます。

このように、新選国語辞典は、その便利さと使いやすさ、そして豊富な付録から、多くの人々に愛されている辞書です。この辞書を片手に言葉を学ぶことで、日本語に対する理解を深めることができます。

タイトルとURLをコピーしました