フェリーとかしき

スポンサーリンク

フェリーとかしき

フェリーとかしきとは。

フェリーとかしきは、日本国内を運航するフェリーです。2012年7月に建造されて以来、沖縄県那覇市の泊港と渡嘉敷島を結んでいます。

フェリーとかしきの歴史

フェリーとかしきの歴史

フェリーとかしきの歴史

フェリーとかしきは、1987年(昭和62年)から2017年(平成29年)まで、鹿児島県鹿児島市と沖縄県那覇市を結ぶフェリー航路を運航していたフェリーである。

フェリーとかしきの前身は、1967年(昭和42年)に就航したフェリーしもじま号である。フェリーしもじま号は、沖縄県と鹿児島県を結ぶフェリー航路として、長らく親しまれてきたが、1986年(昭和61年)に老朽化のため引退した。

フェリーしもじま号の引退後、沖縄県と鹿児島県を結ぶフェリー航路は一度廃止されたが、1987年(昭和62年)に、鹿児島県と沖縄県の共同出資により、フェリーとかしきの運航が開始された。フェリーとかしきは、フェリーしもじま号よりも大型で近代的なフェリーで、旅客定員は450人、車両積載台数は80台であった。

フェリーとかしきは、就航当初から多くの旅客と車両を運搬し、沖縄県と鹿児島県間の交流に大きく貢献した。しかし、2010年(平成22年)以降、格安航空会社の台頭や、沖縄本島と鹿児島県を結ぶ高速船の就航などにより、フェリーとかしきの旅客数は減少していった。

2017年(平成29年)3月31日、フェリーとかしきは、運航を終了した。フェリーとかしきの運航終了により、沖縄県と鹿児島県を結ぶフェリー航路は、50年以上の歴史に幕を閉じた。

フェリーとかしきの船内設備

フェリーとかしきの船内設備

フェリーとかしきの船内設備

フェリーとかしきは、大型のフェリーで、船内にはさまざまな設備が整っています。まず、客室は、一等室、二等室、特別室の3種類があり、いずれも快適な空間になっています。食堂は、バイキング形式で食事をとることができ、海を眺めながら食事を楽しめます。また、売店では、お土産や軽食を販売しており、船内の売店コーナーでゆっくりと買い物することもできます。大浴場は、広々とした空間で、疲れを癒やすことができます。そして、ゲームコーナーでは、さまざまなゲーム機が設置されているので、家族や友人とゲームを楽しめます。

また、フェリーとかしきには、会議室や宴会場などの設備も備わっています。会議室は、ビジネスマン向けの設備が整っており、宴会場は、結婚式やパーティなど、さまざまなイベントに対応できます。そして、バリアフリー対応の設備も整っており、車椅子の方やベビーカーの方でも快適に利用することができます。

フェリーとかしきの船内設備は、充実しており、快適な船旅を過ごすことができます。また、各種イベントに対応できる設備も整っており、さまざまな用途で利用することができます。

タイトルとURLをコピーしました