フィアット125の魅力とは?特徴と歴史を徹底解説

スポンサーリンク

フィアット125の魅力とは?特徴と歴史を徹底解説

フィアット125とは。

フィアット125とは、イタリアの自動車メーカー、フィアットが1967年から1972年まで製造、販売していた4ドアセダンの乗用車です。フィアット124の後継車として登場しました。

フィアット125の歴史と背景

フィアット125の歴史と背景

-フィアット125の歴史と背景-

フィアット125は、イタリアの自動車メーカーであるフィアットが1967年から1972年まで生産していた乗用車である。

フィアット125は、1966年に発表されたフィアット124の姉妹車として開発され、1967年に発売された。フィアット124との違いは、ボディサイズが一回り大きく、エンジンが1.6リッターから2.0リッターに拡大されたことなどである。

フィアット125は、当時としては先進的なデザインと性能を備えており、発売当初から人気を集めた。1969年には、よりスポーティな仕様の「フィアット125S」が追加された。

フィアット125は、1972年に生産終了となったが、その後も世界各地で長く愛され続けた。特に、イタリアでは「フィアット125ミラフィオーリ」という愛称で親しまれ、現在でも多くのファンが存在する。

フィアット125の特徴と魅力

フィアット125の特徴と魅力

フィアット125の特徴と魅力

フィアット125は、イタリアの自動車メーカーであるフィアットが1967年から1972年まで生産していた中型セダンです。フィアット124の派生車種として開発され、124よりも大型で豪華なモデルとして位置づけられました。

フィアット125の特徴は、まずそのスタイリッシュなデザインにあります。ボディは、イタリアのカロッツェリアであるピニンファリーナがデザインを担当し、直線的でシャープなラインが特徴的です。また、インテリアも豪華な仕様となっており、ウッドパネルやレザーシートが採用されています。

走行性能面では、フィアット125は1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力は90馬力でした。最高速度は160km/h、0-100km/h加速は12秒という性能を誇り、当時のライバル車と比べても遜色のないものでした。

また、フィアット125は足回りもしっかりしており、ハンドリングと乗り心地がともに優れていました。特に、フロントサスペンションに採用されたマクファーソンストラットは、当時としては画期的な技術でした。

このように、フィアット125はスタイリッシュなデザイン、豪華なインテリア、優れた走行性能を備えた中型セダンとして人気を博しました。欧州ではもちろん、日本にも多数が輸入され、現在でもクラシックカーとして愛されています。

フィアット125の走行性能と乗り心地

フィアット125の走行性能と乗り心地

フィアット125の走行性能は、1,280ccの直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力100馬力、最大トルク135Nmを発生する。トランスミッションは5速マニュアルを基本とし、3速ATも用意されている。駆動方式は前輪駆動である。

走行性能は、最高速度190km/h、0-100km/h加速12.0秒と、当時のセダンとしては平均的なものだった。しかし、フィアット125の真価は、その乗り心地にある。

フィアット125の乗り心地は、非常に快適で、路面の凹凸をうまく吸収してくれる。これは、フロントにマクファーソンストラット、リアにトレーリングアームというサスペンションを採用しているためである。また、シートのクッション性も高く、長距離ドライブでも疲れにくい。

フィアット125は、走行性能と乗り心地のバランスが良く、快適なドライブを実現するセダンである。

タイトルとURLをコピーしました