「すくすくやさい」は何歳から飲める?安全性の検証

スポンサーリンク

「すくすくやさい」は何歳から飲める?安全性の検証

すくすくやさいとは。

「すくすくやさい」はカゴメが販売する、幼児向け野菜果実飲料です。砂糖、食塩、香料、着色料は使用していません。

「すくすくやさい」の特徴とは

「すくすくやさい」の特徴とは

「すくすくやさい」とは、野菜本来のおいしさをそのままに、手軽に野菜の栄養をとることができる果汁飲料です。野菜嫌いなお子様でも、飲みやすく、栄養をしっかりと摂取することができます。

「すくすくやさい」は、1歳以上のお子様から飲用することができます。ただし、1歳未満のお子様には与えないでください。1歳未満のお子様は、腎機能が未発達のため、野菜ジュースを摂取すると、体内の水分や電解質のバランスが崩れ、健康被害を引き起こす可能性があります。

「すくすくやさい」は、野菜本来の甘みを生かした、優しい味わいです。また、果汁100%なので、野菜の栄養をそのまま摂取することができます。「すくすくやさい」には、ビタミンC、カロテン、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。ビタミンCは、免疫力を高める働きがあり、風邪予防に効果的です。カロテンは、体内でビタミンAに変換され、目の健康を維持する働きがあります。カリウムは、血圧を正常に保つ働きがあり、むくみ予防に効果的です。

「すくすくやさい」の安全性は?

「すくすくやさい」の安全性は?

「すくすくやさい」は、野菜不足を補うために子供に飲ませることを目的とした製品です。しかし、その安全性については疑問の声も上がっています。

「すくすくやさい」の安全性については、厚生労働省が「食品安全基準」を定めています。この基準では、「すくすくやさい」に含まれる野菜の成分については、安全性に問題ないとされています。しかし、添加物については、一部の製品に安全性に問題があるものが含まれている可能性があります。

例えば、一部の「すくすくやさい」には、人工甘味料としてアスパルテームが含まれています。アスパルテームは、動物実験で発がん性が指摘されている成分です。また、一部の「すくすくやさい」には、保存料として安息香酸ナトリウムが含まれています。安息香酸ナトリウムは、喘息の発症リスクを高める可能性がある成分です。

これらの添加物は、子供に飲ませることを想定していない製品に含まれていることが多く、安全性については十分に検証されていません。そのため、子供に「すくすくやさい」を飲ませる際には、添加物の有無を事前に確認することが重要です。

「すくすくやさい」の飲み始めはいつから?

「すくすくやさい」の飲み始めはいつから?

「すくすくやさい」の飲み始めはいつから?

「すくすくやさい」は幼児向けの野菜ジュースで、野菜を苦手とする子どもでも飲みやすい味で、栄養価も高く、野菜嫌いな子どもの野菜の摂取を補うために開発されたものです。しかし、「すくすくやさい」をどの年齢から飲ませても良いのか、安全なのかという疑問を持つ親御さんもいるかもしれません。

「すくすくやさい」は、基本的に生後5ヶ月頃から飲ませることができます。ただし、初めて飲ませる場合は、少量から始め、子どもの様子を見ながら徐々に量を増やしていくようにしましょう。また、「すくすくやさい」を飲ませた後、子どもにアレルギーや下痢などの症状が出た場合は、すぐに飲ませるのをやめて、医師に相談してください。

「すくすくやさい」は多くの栄養素を含んでいますが、飲み過ぎには注意が必要です。1日に飲ませる量は、子どもの年齢や体重によって異なりますが、目安としては、1日100~200ml程度です。また、「すくすくやさい」はあくまでも野菜の代替品であり、野菜そのものを食べることには敵いません。野菜を嫌がる子どもには工夫をして食べさせ、野菜の摂取を心がけるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました