「フロント・ネックロック」とは?プロレス・格闘技で有効な関節技

スポンサーリンク

「フロント・ネックロック」とは?プロレス・格闘技で有効な関節技

フロント・ネックロックとは。

フロント・ネックロックはプロレスや格闘技で行われる技の一つであり、正面を向いた相手の首を脇で絞める関節技です。

フロント・ネックロックの仕組みとテクニック

フロント・ネックロックの仕組みとテクニック

フロント・ネックロックとは、レスリングや格闘技で使われる関節技のことです。相手の首を前方に引き倒し、極めていく技のため、効果的に決まれば相手の首が折れることもあり、非常に危険な技です。

この技は、まず相手を正面から抱きかかえることから始まります。そして、相手の首を自分の腕でしっかりとホールドし、相手の体重を利用して、自分の前方に引き倒していくという流れになります。技を極めるには、相手の首を自分の腕でしっかりとホールドし、相手の体重を利用して、自分の前方に引き倒していくことが重要です。

フロント・ネックロックは、レスリングや格闘技では禁止されている場合が多いですが、総合格闘技では許可されている場合が多く、有効な関節技として使用されています。しかし、この技は非常に危険なため、適切なトレーニングや指導の下で行うことが大切です。

フロント・ネックロックの応用例

フロント・ネックロックの応用例

フロント・ネックロックは、レスリングや総合格闘技で使用される絞め技です。レスリングではフロント・ヘッドロックと同じ技ですが、総合格闘技ではルール上、足を相手の顔面まで上げることは禁止されているため、フロント・ネックロックと呼び方が変わります。

フロント・ネックロックは、相手の首の前面を掴み込んで締める技です。相手の顔面を正面から見たときに、首の左側に左手、右側に右手をかけて、両手を組み合わせて相手の首を絞めます。こうすることで、相手の気道を塞ぎ、窒息させることができます。

フロント・ネックロックは、非常に強力な絞め技であり、一度極まると逃れるのは困難です。そのため、プロレスや総合格闘技の試合では、フロント・ネックロックを決められると、試合が終了することも少なくありません。

フロント・ネックロックの応用技として、アンダーフック・フロント・ネックロックがあります。これは、フロント・ネックロックを極めた後、相手の片方の足を自分の足で挟み込んで、相手を仰向けに倒す技です。こうすることで、相手の首への圧力をさらに強めることができます。

アンダーフック・フロント・ネックロックは、フロント・ネックロックよりも強力な絞め技であり、多くのレスラーや総合格闘家が使用しています。

フロント・ネックロックの危険性と注意点

フロント・ネックロックの危険性と注意点

フロント・ネックロックの危険性と注意点

フロント・ネックロックは、プロレスや格闘技でよく使われる関節技ですが、危険を伴う技でもあります。間違った使い方をすると、頚椎を損傷したり、最悪の場合死に至ることもあります。

フロント・ネックロックをかける際には、以下の点に注意しましょう。

・相手がタップするまで締め上げない
・急激に締め上げない
・相手の首をひねらない
・相手の首を反らさない
・相手の首を絞らない

フロント・ネックロックは、正しく使えば有効な関節技ですが、間違った使い方をすると、危険な技にもなります。十分注意して使いましょう。

また、フロント・ネックロックをかけられた場合は、すぐにタップしましょう。無理に耐えようとすると、重大な怪我につながる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました