北海道赤平市のご当地グルメ「がんがん鍋」

スポンサーリンク

北海道赤平市のご当地グルメ「がんがん鍋」

がんがん鍋とは。

がんがん鍋とは、北海道赤平市の郷土料理。かつて炭鉱で働いていた人々が、味噌ベースのスープでモツを煮込んだ鍋を食べていたことに由来しています。2006年に現代風にアレンジされたものが登場し、「赤平がんがん鍋」として親しまれています。

がんがん鍋とは

がんがん鍋とは

がんがん鍋とは、北海道赤平市のご当地グルメで、豚肉のホルモンと野菜を鍋にぶち込み、北海道産小麦で作られたプリプリの特注麺を投入していただくお鍋のことです。
鍋に投入する野菜は、自家菜園で育てられたものも多く、また、味噌ベースのダシとホルモンの相性が抜群です。
さらに、プリプリの特注麺がダシとホルモンのうま味を余すことなく吸い込み、これまた絶品だと評判です。
まさに、赤平市の魅力が凝縮された一品です。

がんがん鍋に使われる食材

がんがん鍋に使われる食材

がんがん鍋に使われる食材

がんがん鍋のメインとなる食材は、豚肉と白菜です。豚肉は薄切りにしたバラ肉やロース肉が良く、白菜は葉の部分と茎の部分を両方とも使います。他にも、玉ねぎ、にんじん、長ねぎ、きのこ類、とうふ、こんにゃく、糸こんにゃくなど、冷蔵庫にある野菜や食材を入れてもおいしくいただけます。また、がんがん鍋には、魚介類を入れる場合もあります。鮭の切り身やたらこ、ホタテ、エビ、イカなどがよく使われます。出汁は、昆布や煮干しでとることが多いです。

がんがん鍋を楽しむためのポイント

がんがん鍋を美味しく食べるためのポイントは、野菜をたくさん入れることです。野菜をたくさん入れることで、栄養バランスが良くなり、また、野菜の甘みが鍋のスープにしみ込んで、よりおいしくなります。また、肉類は煮過ぎないように注意しましょう。肉類は煮過ぎると固くなってしまうので、さっと煮て食べ頃になったらすぐに食べるようにしましょう。

がんがん鍋は、北海道赤平市の郷土料理であり、平成27年(2015年)には、赤平市の市制施行60周年を記念して、「赤平市公認ご当地グルメ」第1号に認定されました。また、がんがん鍋は、北海道の郷土料理としてだけでなく、全国各地で人気を集めています。

がんがん鍋の作り方

がんがん鍋の作り方

がんがん鍋の作り方

材料

鶏ガラまたは鶏肉 1羽
長ネギ 1本
白菜 1/2個
春菊 1束
水菜 1束
えのき 1株
しめじ 1株
エリンギ 1株
豆腐 1丁
春雨 1袋
ごぼう 1本
人参 1本
大根 1本
昆布 1枚
しょうゆ 適量
塩 適量
こしょう 適量
酒 適量

作り方

1. 鶏ガラまたは鶏肉を鍋に入れ、水を加えて強火で煮る。アクが出たら取り除く。
2. 長ネギは斜め切り、白菜はざく切り、春菊は食べやすい大きさに切る。水菜は根元を切り落とし、ざく切りにする。えのきは石づきを切り落とし、ほぐす。しめじは石づきを切り落とし、小房に分ける。エリンギは石づきを切り落とし、薄切りにする。
3. ごぼうは皮をむき、ささがきにする。人参と大根は皮をむき、乱切りにする。昆布は水につけて戻し、ザク切りにする。
4. 鶏ガラまたは鶏肉が柔らかくなったら、野菜、昆布、春雨、ごぼう、人参、大根を加えて煮る。野菜が柔らかくなったら、しょうゆ、塩、こしょうで味を調える。
5. 酒を加えてひと煮立ちさせたら、器に盛り付ける。お好みで七味唐辛子や柚子胡椒を添えていただく。

タイトルとURLをコピーしました