大和きくなを知ろう!

スポンサーリンク

大和きくなを知ろう!

大和きくなとは。

大和きくなとは、奈良県の奈良市と天理市で栽培されている葉物野菜のことです。色は鮮やかな緑色で、葉は厚みがあり、やわらかな香りが特徴です。「中村系春菊」とも呼ばれています。大和きくなは、室町時代に中国から渡来したといわれており、奈良県では「大和野菜」に選定されています。

大和きくなとは

大和きくなとは

大和きくなとは、奈良県大和郡山市で生まれた菊です。大和きくなの特徴は、その花の形にあります。花弁が内側にくるくると巻いていて、菊の中では珍しい形をしています。色は白、ピンク、黄色などがあり、花弁の巻き方や色によっても、愛らしいもの、華やかなものなど、様々な表情を見せてくれます。

大和きくなは、平安時代から栽培されているとされており、長い歴史を持っています。奈良県では、大和きくなを代表する菊として、現在でも盛んに栽培されています。大和きくなは、その美しさから、観賞用として親しまれていますが、食用としても利用することができます。菊の花を天ぷらにしたり、菊の酢漬けを作ったりして、食べることができます。大和きくなは、観賞用としても食用としても、私たちの生活に彩りを添えてくれる花です。

大和きくなの歴史

大和きくなの歴史

大和きくなの歴史

大和きくなの起源については、さまざまな説がある。有力な説の一つは、奈良時代末期に鑑真が中国から渡来した際に、その船から種子がこぼれたのが始まりであるという説。鑑真がのっていた船が、暴風雨に遭って難破した場所は大和国(現在の奈良県)の田原浦であることから、奈良県を代表する花として親しまれるようになったといわれている。

もう一つの説は、平安時代に中国から渡ってきた嵯峨天皇が、大和国に菊の花を移植したのが始まりであるという説。嵯峨天皇は、菊の花をとても愛しており、その美しさに魅せられて、屋敷の庭園に菊を植えたとされている。

いずれの説にしても、大和きくなは奈良時代か平安時代に中国から渡ってきたと考えられている。その後、奈良県で栽培され、次第に日本全国に広まっていった。

江戸時代には、大和きくなは花弁の数が多く、花形が整っていることから、観賞用として人気が高まり、栽培が盛んになった。また、その美しさから、和歌や俳句にも詠まれるようになった。

明治時代になると、大和きくなは海外にも輸出されるようになり、その美しさが世界中で認められるようになった。現在では、大和きくなは世界中で栽培されており、日本を代表する花として親しまれている。

大和きくなの栽培方法

大和きくなの栽培方法

大和きくなの栽培方法

大和きくなは、秋の季語にも詠まれるほど、美しい花を咲かせる菊の仲間です。比較的育てやすく、初心者にもおすすめです。ここでは、大和きくなの栽培方法についてご紹介します。

1. 栽培時期
大和きくなの栽培時期は、9月~10月です。

2. 栽培場所
大和きくなは、日当たりの良い場所を好みます。また、風通しの良い場所も適しています。

3. 土作り
大和きくなは、水はけの良い土を好みます。培養土に腐葉土を混ぜた土が適しています。

4. 種まき
大和きくなの種は、9月~10月にまきます。種をまく前に、土を湿らせておきます。種をまいたら、土を薄くかけて覆土します。

5. 水やり
大和きくなは、乾燥に弱いので、水やりは欠かさず行います。土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

6. 肥料
大和きくなは、生育期に肥料を与えます。2週間に1回程度、液体肥料を与えます。

7. 摘芯
大和きくなは、摘芯を行うことで、分枝を促し、花数を増やすことができます。本葉が5~6枚になったら、先端を摘芯します。

8. 病害虫対策
大和きくなは、アブラムシやハダニなどの害虫がつきやすいので、注意が必要です。害虫を見つけたら、早めに駆除します。また、風通しを良くすることで、病気の予防にもなります。

9. 収穫
大和きくなの花が咲き始めたら、収穫することができます。花が咲き終わった後は、株ごと抜いて処分します。

タイトルとURLをコピーしました