ジローナFCとは?カタルーニャ州のサッカーチーム

スポンサーリンク

ジローナFCとは?カタルーニャ州のサッカーチーム

ジローナFCとは。

ジローナFCは、スペインの北東部にあるカタルーニャ州の都市、ジローナを拠点とするプロサッカーチームです。1930年に設立され、ホームスタジアムはエスタディ・モンティリビです。ジローナFCは単に「ジローナ」とも呼ばれます。

ジローナFCの歴史と概要

ジローナFCの歴史と概要

ジローナFCは、スペインのカタルーニャ州ジローナに本拠地を置くサッカークラブです。クラブは1930年に創設され、現在はラ・リーガに所属しています。ジローナFCの歴史は、カタルーニャの自治運動と密接に関係しています。

ジローナFCは、1930年にジローナの若者グループによって創設されました。クラブは、すぐにカタルーニャのサッカーリーグで成功を収め、1934年にはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部リーグ)に昇格しました。しかし、スペイン内戦の勃発により、クラブは活動停止に追い込まれます。

スペイン内戦が終結した1939年、ジローナFCは再建され、再びカタルーニャのサッカーリーグでプレーを始めました。クラブは、1949年にセグンダ・ディビシオンに復帰し、1951年にはプリメーラ・ディビシオン(スペイン1部リーグ)に初昇格しました。しかし、ジローナFCは、プリメーラ・ディビシオンで長くはプレーすることができず、1956年にセグンダ・ディビシオンに降格しました。

ジローナFCは、その後、長い間セグンダ・ディビシオンでプレーしていましたが、2017年にプリメーラ・ディビシオンに復帰しました。クラブは、プリメーラ・ディビシオンで2シーズンを過ごしましたが、2019年にセグンダ・ディビシオンに降格しました。ジローナFCは、現在、セグンダ・ディビシオンでプレーしています。

ジローナFCは、カタルーニャの自治運動と密接に関係しています。クラブは、1930年に創設されたときから、カタルーニャの独立を支持してきました。ジローナFCのホームスタジアムであるエスタディ・ムニシパル・デ・モンティリビは、カタルーニャ独立運動のシンボルとして知られています。

ジローナのホームスタジアム、エスタディ・モンティリビ

ジローナのホームスタジアム、エスタディ・モンティリビ

ジローナのホームスタジアム、エスタディ・モンティリビは、スペインのカタルーニャ州ジローナにあるサッカー専用スタジアムです。FCジローナのホームスタジアムとして利用されており、収容人数は9,286人です。1970年に建設され、2009年に改修されました。

エスタディ・モンティリビは、ジローナの中心部から約2kmの場所に位置しています。スタジアムへのアクセスは、公共交通機関または車で可能です。公共交通機関を利用する場合は、ジローナ駅まで電車またはバスで行き、そこから徒歩またはタクシーでスタジアムまで行くことができます。車で行く場合は、ジローナ環状道路からスタジアムへのアクセスが可能です。

スタジアム内には、メインスタンド、バックスタンド、サイドスタンドの3つのスタンドがあります。メインスタンドは、スタジアムの南側に位置しており、バックスタンドとサイドスタンドは、スタジアムの北側に位置しています。メインスタンドには、VIP席や報道席があり、バックスタンドとサイドスタンドには、一般席があります。

エスタディ・モンティリビは、ジローナ市民に愛されているスタジアムです。FCジローナのホームゲームが行われる際には、多くの観客がスタジアムに詰めかけます。エスタディ・モンティリビは、ジローナのサッカー文化を象徴するスタジアムです。

ジローナの有名選手と監督

ジローナの有名選手と監督

ジローナの有名選手と監督

ジローナFCでプレーした有名選手には、ジュゼップ・マリア・バロメウ氏がいます。バロメウ氏は、1963年にジローナで生まれ、ジローナのユースチームでプレーした後、FCバルセロナのユースチームに移籍しました。その後、バロメウ氏はFCバルセロナのトップチームでプレーし、1986年から1991年までジローナFCでプレーしました。バロメウ氏は、ジローナFCで113試合に出場し、23ゴールを挙げました。

ジローナFCで監督を務めた有名監督には、ホセップ・グアルディオラ氏がいます。グアルディオラ氏は、1971年にサントペドールで生まれ、FCバルセロナのユースチームでプレーした後、FCバルセロナのトップチームでプレーしました。その後、グアルディオラ氏はFCバルセロナの監督を務め、2008年から2012年までジローナFCの監督を務めました。グアルディオラ氏は、ジローナFCで113試合を指揮し、59勝27分27敗の成績を残しました。

タイトルとURLをコピーしました