五百万石:酒造好適米の王者

スポンサーリンク

五百万石:酒造好適米の王者

五百万石とは。

「五百万石」は、新潟県農業試験場中条試験地で育成された酒造好適米の品種です。1957年に命名され、その名称は、同年に新潟県の米の生産量が500万石を突破したことに由来します。

「五百万石」は、菊水と新200号を交配して育成された品種であり、北陸地方を中心に栽培されています。代表的な酒米のひとつであり、酒造好適米の中では比較的安価なため、多くの酒蔵で使用されています。

「五百万石」は、しっかりとした味わいで、キレの良いお酒が造られます。また、香りが良く、フルーティーな味わいに仕上がることも特徴です。

五百万石の歴史と特徴

五百万石の歴史と特徴

-五百万石の歴史と特徴-

五百万石は、酒造好適米の「王者」として知られる品種です。その歴史は古く、1859年に佐賀県で誕生しました。五百万石という名前は、当時の佐賀藩主であった鍋島直正が命名したもので、藩の石高にちなんで名付けられたと言われています。

五百万石は、大粒で心白が大きく、酒造りには適したお米です。また、耐寒性や耐倒伏性に優れており、栽培しやすいという特徴もあります。そのため、日本各地で栽培されており、多くの銘酒の原料として使用されています。

五百万石で造られた日本酒は、米の旨味と甘みが感じられる、まろやかで飲みやすいお酒が多いです。また、五百万石は、長期熟成にも向いた品種であり、熟成させることで、より深い味わいの日本酒を楽しむことができます。

五百万石は、その歴史の長さと、酒造好適米としての優れた特性から、日本を代表する酒造米として長く愛され続けています。

五百万石で作られた日本酒の特徴

五百万石で作られた日本酒の特徴

五百万石という酒造好適米は、酒米の王様と呼ばれています。これは、五百万石で作られた日本酒が、香り高く、スッキリとした味わいであるからです。五百万石の特徴は、まず、その米粒の大きさです。五百万石の米粒は、他の酒米に比べて大きく、でんぷん質が豊富です。そのため、五百万石で作られた日本酒は、アルコール度数が高くなり、濃厚な味わいになります。

また、五百万石は、耐寒性と耐病性に優れていることも特徴です。このため、全国各地で栽培することができ、安定した供給が可能です。五百万石で作られた日本酒は、その味わいの良さから、全国各地で愛飲されています。特に、東北地方や北陸地方では、五百万石で作られた日本酒が多く生産されています。

五百万石で作られた日本酒は、その味わいの良さから、全国各地で愛飲されています。特に、東北地方や北陸地方では、五百万石で作られた日本酒が多く生産されています。その中でも、秋田県の「新政」や新潟県の「八海山」は、五百万石で作られた日本酒の中でも特に有名な銘柄です。五百万石で作られた日本酒は、その味わいの良さから、全国各地で愛飲されています。特に、東北地方や北陸地方では、五百万石で作られた日本酒が多く生産されています。その中でも、秋田県の「新政」や新潟県の「八海山」は、五百万石で作られた日本酒の中でも特に有名な銘柄です。

五百万石の栽培と収穫

五百万石の栽培と収穫

五百万石は、酒造好適米の王者として知られる品種です。1940年に誕生して以来、日本各地で広く栽培され、その酒造適性は高く評価されています。五百万石は、大粒で心白が大きく、タンパク質含有量が低いことが特徴です。心白とは、玄米の中心にある白い部分のことで、酒造米の品質を左右する重要な要素です。タンパク質含有量が高いと、雑味が多くなり酒質が低下します。五百万石は、タンパク質含有量が少ないため、雑味が少なく、すっきりとした味わいの日本酒を作ることができます。

五百万石は、比較的栽培しやすい品種で、日本各地で広く栽培されています。しかし、高温多湿の気候で栽培すると、品質が低下することがあります。そのため、五百万石を栽培する際には、適した気候や土壌を選ぶことが大切です。五百万石の収穫期は、一般的に9月下旬から10月上旬です。収穫後は、すぐに乾燥させて貯蔵します。五百万石は、貯蔵性に優れているため、長期保存することができます。

タイトルとURLをコピーしました