GPX400Rとは?知られざる歴史

スポンサーリンク

GPX400Rとは?知られざる歴史

GPX400Rとは。

GPX400Rとは、カワサキ(川崎重工業)が1987年から生産・販売していたオートバイです。排気量は398ccで、普通自動二輪車に分類されます。エンジンは水冷4ストローク4気筒DOHCで、GPZ400Rの後継車として開発されました。

GPX400R 誕生の背景

GPX400R 誕生の背景

GPX400R 誕生の背景

1980年代初頭、日本のバイク市場は空前のブームを迎えていた。ホンダのCBX400FやヤマハのFZ400Rなどのネイキッドモデルが人気を集め、各メーカーは鎬を削っていた。そんな中、カワサキは1985年にGPX400Rを発売。このバイクは、それまでのカワサキのバイクとは一線を画す、レーシーなデザインと高性能エンジンを搭載しており、瞬く間に人気車種となった。

GPX400Rの誕生の背景には、カワサキの販売戦略の変化があった。それまでのカワサキは、耐久レースやロードレースで活躍するような、ハイパフォーマンスバイクに力を入れていた。しかし、1980年代に入ると、バイク市場はより幅広い層に広がりつつあった。そこでカワサキは、一般のライダーにも受け入れられるような、より扱いやすいバイクを開発する方針に転換した。GPX400Rは、この方針の下で開発されたモデルであり、カワサキの販売戦略の変化を象徴するバイクであった。

GPX400Rは、そのレーシーなデザインと高性能エンジン以外にも、さまざまな特徴を持っていた。その一つが、GPX400R専用のエンジンである。このエンジンは、DOHC4バルブヘッドと4連キャブレターを採用しており、最高出力45馬力を発揮した。これは、当時の400ccクラスのバイクとしてはトップクラスの出力であった。

また、GPX400Rは、軽量なアルミフレームを採用しており、車重はわずか165kgだった。これは、当時の400ccクラスのバイクとしては最軽量クラスであり、GPX400Rの軽快なハンドリングに貢献していた。

GPX400Rは、その優れた性能とスタイリッシュなデザインで、瞬く間に人気車種となった。発売から1年後の1986年には、年間販売台数1万台を突破。1987年には、さらに販売台数を伸ばして1万5000台を販売した。GPX400Rは、カワサキの販売戦略の変化を象徴するバイクとして、大きな成功を収めた。

GPX400Rの性能と特徴

GPX400Rの性能と特徴

GPX400Rの性能と特徴

GPX400Rは、カワサキが1985年から1990年まで製造・販売していた400ccのスポーツバイクです。その性能と特徴は、以下の通りです。

・エンジン水冷4ストローク並列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載。最高出力は59馬力/11,000rpm、最大トルクは4.0kg-m/9,500rpmを発生します。

・車体ダブルクレードルフレームに、フロントはテレスコピックフォーク、リアはモノショックサスペンションを採用。ホイールサイズは、フロントが17インチ、リアが18インチです。

・ブレーキフロントはダブルディスクブレーキ、リアはシングルディスクブレーキを採用しています。

・装備デジタルメーターや、タコメーター、ギアポジションインジケーターを装備しています。

GPX400Rは、軽量でコンパクトな車体と、パワフルなエンジンを組み合わせたスポーツバイクです。その優れた性能と特徴から、多くのライダーに愛されました。

GPX400Rの市場での評価

GPX400Rの市場での評価

GPX400Rの市場での評価

GPX400Rは、1985年にカワサキから発売されたミドルクラスのスポーツバイクです。GPXシリーズの初代モデルであり、排気量は400ccでした。GPX400Rは、そのスタイリッシュなデザインとパワフルなエンジンで、当時の若者から人気を博しました。また、GPX400Rはレースでも活躍し、1986年には全日本ロードレース選手権のGP300クラスでチャンピオンを獲得しています。

しかし、GPX400Rは発売当初から、乗り心地が悪い、燃費が悪い、故障が多いなどの問題が指摘されていました。特に、乗り心地の悪さは、GPX400Rの最大の弱点といわれていました。そのため、GPX400Rは、ライバル車であるスズキのGSX400FやヤマハのFZR400Rに比べて、販売台数は伸び悩みました。

また、GPX400Rは、故障が多いバイクとしても知られていました。特に、エンジンの不具合は多く、リコールも何度か行われています。そのため、GPX400Rは、中古車市場での評価も低く、現在では、中古車価格も安価になっています。

しかし、GPX400Rは、そのスタイリッシュなデザインとパワフルなエンジンで、現在でも根強い人気を持っています。特に、旧車ファンの中には、GPX400Rを愛好する人も多く、レストアをして乗っている人もいます。

タイトルとURLをコピーしました