「GSX650F」とは?基本情報から魅力まで徹底解説

スポンサーリンク

「GSX650F」とは?基本情報から魅力まで徹底解説

GSX650Fとは。

GSX650Fは、スズキが2008年から海外向けに製造・販売した大型自動二輪車です。総排気量は656ccで、エンジン形式は水冷4ストローク4気筒DOHCを採用しています。基本設計は、日本国内で販売されているバンディット650と共通しています。

「GSX650F」とは?

「GSX650F」とは?

GSX650Fとは、スズキが生産・販売しているネイキッドバイクです。2008年に発売され、2016年にモデルチェンジを受けました。現行モデルは、水冷直列4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載し、最高出力は67馬力、最大トルクは6.4kgf・mを発生します。車重は213kg、シート高は810mmです。

GSX650Fは、扱いやすいエンジン特性と軽量な車体が特徴です。街乗りからツーリングまで、幅広い用途に使用できます。また、オプションで装着できる純正のサイドパニアやトップケースも用意されており、積載性を向上させることも可能です。

GSX650Fは、初心者からベテランライダーまで、幅広い層に人気のバイクです。その理由は、扱いやすいエンジン特性と軽量な車体、そして幅広い用途に使用できる汎用性にあります。さらに、純正のサイドパニアやトップケースも用意されており、積載性を向上させることも可能です。

「GSX650F」の基本情報

「GSX650F」の基本情報

「GSX650F」の基本情報

「GSX650F」は、スズキ株式会社が製造・販売する中型のスポーツバイクである。2008年に発売され、現在も販売されている。排気量は650cc、エンジン形式は水冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ、最高出力は86馬力、最大トルクは64Nmである。トランスミッションは6速マニュアル、駆動方式はチェーンである。車重は207kg、シート高は790mmである。カラーリングはブラック、ブルー、ホワイトの3色展開である。

「GSX650F」は、中型のスポーツバイクとしては比較的軽量で、扱いやすいのが特徴である。また、足つき性も良く、初心者でも乗りやすいバイクである。エンジンは低回転からトルクフルで、力強い加速を実現する。高速道路でも安定した走りを見せてくれる。また、燃費も良く、実燃費はリッターあたり20km前後である。

「GSX650F」は、中型のスポーツバイクとしては比較的安価である。新車価格は約80万円である。また、中古車も比較的安価で流通しており、50万円前後で購入することができる。

「GSX650F」の魅力

「GSX650F」の魅力

「GSX650F」の魅力

「GSX650F」は、あらゆる面でライダーにやさしいモデルです。まず、軽量で取り回しやすい車体は、初心者でも安心して乗ることができます。また、アップライトなライディングポジションにより、ラクな姿勢でライディングを楽しむことができます。さらに、優れた燃費性能と低価格を実現しており、維持費の面でもライダーにやさしいモデルとなっています。

また、「GSX650F」は、そのスタイリッシュなデザインも魅力です。シャープなヘッドライトと流れるようなボディラインは、見る者を魅了することでしょう。カラーバリエーションも豊富なので、自分の好みに合ったモデルを選ぶことができます。

そして、「GSX650F」は、その高い走行性能も魅力です。搭載されているエンジンは、力強くスムーズな出力特性で、街乗りからツーリングまで幅広いシーンで活躍します。また、足回りも良く、ワインディングロードでも軽快に走ることができます。

このように、「GSX650F」は、あらゆる面でライダーにやさしく、かつスタイリッシュで走行性能も高いモデルです。まさに、初心者からベテランまで、あらゆるライダーにオススメできる一台となっています。

タイトルとURLをコピーしました