GX750:ヤマハ初の750ccクラスのモデル

スポンサーリンク

GX750:ヤマハ初の750ccクラスのモデル

GX750とは。

GX750は、ヤマハ発動機が1976年より製造・販売した大型自動二輪車です。総排気量は747ccで、エンジン形式は空冷4ストローク3気筒DOHCを採用しています。ノンカウルのロードスポーツモデルで、同社初の750ccクラスのモデルとして知られています。

GX750の特徴

GX750の特徴

-GX750の特徴-

GX750は、空冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒エンジンを搭載し、最高出力67馬力、最大トルク6.5kgmを発生する。エンジンは、当時のヤマハの最高傑作であるXS650をベースに開発されたもので、ボアを2mm拡大し、ストロークを10mm延長した747ccに排気量を拡大している。また、XS650ではキャブレターが2個だったのに対し、GX750では4個に増やされ、吸気効率が向上している。

トランスミッションは、5速リターン式で、一次減速比は2.214、二次減速比は2.917となっている。車体は、ダブルクレードルフレームを採用し、フロントフォークはテレスコピックタイプ、リアサスペンションはスイングアーム式となっている。ホイールは、前後とも19インチで、タイヤサイズは front 3.25-19,rear 3.50-19となっている。

GX750は、当時の日本の大型自動二輪車としては、最高峰の性能を誇るモデルであった。しかし、発売当時はすでに、カワサキのZ1やスズキのGT750などの強力なライバルが存在しており、販売台数は伸び悩んだ。また、1973年のオイルショックにより、大型自動二輪車の需要が低迷したことも、GX750の販売に悪影響を及ぼした。そのため、GX750は1977年に生産終了となった。

しかし、GX750は、その美しいデザインと、当時の最高峰の性能を誇るエンジンによって、現在でも多くのファンに愛されているモデルである。

GX750の歴史

GX750の歴史

– GX750の歴史

1977年、ヤマハは初の750ccクラスのモデルであるGX750を発売しました。GX750は、それまでのヤマハのフラッグシップモデルであったXS750よりも高性能で、最高速度は200km/h以上、0-400m加速は12秒台後半をマークしました。また、GX750は最新の技術を積極的に採用しており、DOHCエンジン、4バルブヘッド、水冷、6速トランスミッションなどを搭載していました。GX750は、その優れた性能とスタイリッシュなデザインでヒット商品となり、ヤマハのフラッグシップモデルとしての地位を確立しました。

GX750は、1981年にマイナーチェンジを受け、GX750Lとなりました。GX750Lは、エンジンや足回りに改良が加えられ、より信頼性と耐久性が向上しました。また、GX750Lは、新色の追加や、グラフィックの変更なども行われ、よりスタイリッシュなモデルとなりました。GX750Lは、GX750よりもさらに人気を集め、ヤマハのフラッグシップモデルとして君臨し続けました。

1985年、ヤマハはGX750の生産を終了しました。GX750は、ヤマハ初の750ccクラスのモデルとして、そしてヤマハのフラッグシップモデルとして、大きな成功を収めました。GX750は、その優れた性能とスタイリッシュなデザインで、今もなお多くのライダーから愛されています。

GX750のインプレッション

GX750のインプレッション

GX750のインプレッション

GX750は、ヤマハ初の750ccクラスのモデルとして1977年に発売されました。排気量は743cc、最高出力は60ps/6,500rpm、最大トルクは6.2kg-m/4,500rpmを発揮しました。車重は176kgと、当時としては軽量なモデルでした。

GX750の外観は、当時流行の角ばったデザインを採用しており、ヘッドライトは丸目2灯で、スピードメーターとタコメーターは別体で配置されていました。また、シートは段付きの2人乗りタイプで、リアにはグラブバーが装備されていました。

GX750のエンジンは、ヤマハ独自の技術である「ジェネシスエンジン」を採用しており、シリンダーヘッドはDOHC4バルブ、シリンダーはアルミ製、クランクシャフトは5軸で構成されていました。このエンジンは、滑らかな吹け上がりと力強いトルクを発生し、最高速度は200km/h以上にも達しました。

GX750のハンドリングは、軽快で取り回しやすく、旋回性能も良好でした。また、足回りはフロントにテレスコピックフォーク、リアにスイングアームを採用しており、安定感のある走りを実現していました。

GX750は、ヤマハ初の750ccクラスのモデルとして、多くのファンを獲得しました。そのスタイリッシュなデザインと力強いエンジンは、現在でも多くのライダーから人気を集めています。

タイトルとURLをコピーしました