オリーブアメリカムシクイ科って知ってる?

スポンサーリンク

オリーブアメリカムシクイ科って知ってる?

オリーブアメリカムシクイ科とは。

オリーブアメリカムシクイ科は、スズメ目の中の一つの科です。オリーブアメリカムシクイ属のみで構成されており、北アメリカに生息しています。

オリーブアメリカムシクイ科とは

オリーブアメリカムシクイ科とは

オリーブアメリカムシクイ科は、鳥の1科であり、アメリカ大陸に生息しています。この科には、オリーブアメリカムシクイ、ゴールデンマングローブアメリカムシクイ、バーミリオンアメリカムシクイ、トリーマウンテンアメリカムシクイなど、12種が含まれます。

オリーブアメリカムシクイ科の鳥は、中型の鳥であり、体長は10~15cm程度です。尾は短く、羽は緑色またはオリーブ色をしています。オリーブアメリカムシクイ科の鳥は、森林地帯や湿地に生息し、昆虫や果物を食べます。

オリーブアメリカムシクイ科の特徴

オリーブアメリカムシクイ科の特徴

オリーブアメリカムシクイ科の特徴

オリーブアメリカムシクイ科の鳥は、小型で羽の短い鳥です。嘴は細長く、先端が曲がっています。尾羽は長く、先端が尖っています。飛ぶときには、羽を素早く羽ばたかせ、尾を上下に振ります。オリーブアメリカムシクイ科の鳥は、樹木や低木に生息しています。昆虫や果実、種子などを食べて生活しています。オリーブアメリカムシクイ科の鳥は、単独で生活することもありますが、群れを作って生活することもあります。また、渡り鳥であるため、秋になると南の国に渡ります。オリーブアメリカムシクイ科の鳥は、世界中に生息しています。日本には、オリーブアメリカムシクイ科の鳥が2種類生息しています。1つは、オリーブアメリカムシクイです。オリーブアメリカムシクイは、本州、四国、九州、沖縄に生息しています。もう1つは、リュウキュウコビトマワシです。リュウキュウコビトマワシは、沖縄に生息しています。

オリーブアメリカムシクイ科の生息地

オリーブアメリカムシクイ科の生息地

オリーブアメリカムシクイ科は、アメリカ大陸に見られる鳥の仲間ですが、実は意外にもその生息地は、北米から南米までと非常に広範囲にわたっています。この科の鳥類は、森林や林縁、湿地、草原など、さまざまな環境に生息しています。また、オアフ島やハワイ諸島にも生息しています。

オリーブアメリカムシクイ科には、全体で100種類以上の鳥類が含まれており、その多くは渡り鳥です。これらの鳥類は、繁殖期には北米で過ごし、冬期には南米で過ごします。オリーブアメリカムシクイ科の鳥類は、昆虫や果実などを食べ、森林や林縁などの木々の中で生活しています。

タイトルとURLをコピーしました