鹿児島と種子島・屋久島を結ぶフェリー「はいびすかす」の魅力

スポンサーリンク

鹿児島と種子島・屋久島を結ぶフェリー「はいびすかす」の魅力

はいびすかすとは。

* 「はいびすかす」は、鹿児島港と種子島、屋久島を結ぶ日本のフェリーです。総トン数1798トン、旅客定員223人です。1994年6月に就航しました。

就航区間と時刻表

就航区間と時刻表

-就航区間と時刻表-

鹿児島と種子島・屋久島を結ぶフェリー「はいびすかす」は、鹿児島本港と種子島・屋久島の両島を結んでいます。

鹿児島本港から種子島までは片道約8時間30分、屋久島までは片道約11時間00分かかります。

フェリー「はいびすかす」の時刻表は、季節によって異なります。

最新の運航スケジュールは、「はいびすかす」の運行会社である「マルエーフェリー」のウェブサイトでご確認ください。

乗船料金と注意点

乗船料金と注意点

-乗船料金と注意点-

「はいびすかす」の乗船料金は、鹿児島~種子島間が片道1,800円、鹿児島~屋久島間が片道2,400円です。また、往復割引や3名以上で利用できるグループ割引などの割引制度も用意されています。

「はいびすかす」に乗船する際には、いくつかの注意点があります。まず、必ず予約をしてから乗船するようにしましょう。予約は、鹿児島交通のホームページや電話で行うことができます。また、当日の状況によっては、予約なしでも乗船できる場合がありますが、満席の場合は乗船できないので注意が必要です。

次に、乗船の際は、必ず身分証明書を持参するようにしましょう。身分証明書は、運転免許証やパスポート、学生証など、本人を確認できるものが必要です。また、車やバイクで乗船する場合は、車検証や自賠責保険証などの車両に関する書類も必要です。

最後に、乗船中に、大きな声で騒いだり、他のお客様に迷惑をかけるような行為はしないようにしましょう。また、船内での飲食は禁止されていますので、注意してください。

「はいびすかす」の船内設備と特徴

「はいびすかす」の船内設備と特徴

「はいびすかす」の船内設備と特徴

「はいびすかす」は大型の豪華客船で、乗客定員は861人、車両積載台数は80台となっています。船内には、客室、レストラン、喫茶店、売店、ゲームコーナーなどがあり、快適なクルーズを楽しむことができます。

客室は、個室と相部屋があり、個室にはシングル、ツイン、デラックスの3タイプがあります。シングルルームは、1名での利用に適した広さで、ベッド、デスク、テレビなどが備わっています。ツインルームは、2名での利用に適した広さで、2つのベッド、デスク、テレビなどが備わっています。デラックスルームは、3名での利用に適した広さで、ベッド、ソファ、デスク、テレビなどが備わっています。

レストランは、船内の1階にあり、洋食と和食の両方のメニューが楽しめます。喫茶店は、船内の2階にあり、コーヒーや紅茶、軽食などを楽しむことができます。売店は、船内の1階と2階にあり、お土産や飲み物、お菓子などを購入することができます。ゲームコーナーは、船内の3階にあり、アーケードゲームやメダルゲームなどを楽しむことができます。

「はいびすかす」は、鹿児島と種子島・屋久島を結ぶフェリーの中で、最も新しく、最も豪華な船です。船内設備は充実しており、快適なクルーズを楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました