栃木県生まれのキュウリ「ひめきゅうり」

スポンサーリンク

栃木県生まれのキュウリ「ひめきゅうり」

ひめきゅうりとは。

ひめきゅうりとは、栃木県で生産されるミニキュウリのこと。長さ約14~15cmで出荷され、品種名は「サラ」です。

ひめきゅうりの特徴

ひめきゅうりの特徴

栃木県生まれのキュウリ「ひめきゅうり」は、一般的なキュウリとは一風変わった特徴をたくさん持っています。まず、その見た目がとても小さく、名前の由来にもなっています。平均的なひめきゅうりの長さは10cmほどで、重さは30g程度です。一般的なキュウリの半分以下のサイズです。

さらに、ひめきゅうりは皮が薄く、とても柔らかな食感が特徴です。そのため、生でスライスしてサラダにしたり、浅漬けにしたりするのに最適です。また、ひめきゅうりは他のキュウリよりも甘みが強く、苦味が少ないという特徴もあります。そのため、そのまま生で食べても美味しく、料理の邪魔をしません。

ひめきゅうりは、栃木県を中心に栽培されており、地元ではとても人気のある野菜です。その独特の風味と食感が愛されており、様々な料理に使われています。また、ひめきゅうりは栄養価も高く、ビタミンCやカリウムが豊富に含まれています。そのため、健康にも良いとされています。

ひめきゅうりは、栃木県の特産品であり、その独特の風味と食感が多くの人々に愛されています。また、栄養価も高く、健康にも良いとされています。栃木県を訪れた際には、ぜひひめきゅうりを使った料理を味わってみてください。

ひめきゅうりの生産状況

ひめきゅうりの生産状況

-ひめきゅうりの生産状況-

栃木県産のキュウリ「ひめきゅうり」は、県南地域の足利市、佐野市、小山市、栃木市、下野市、壬生町、野木町、岩舟町、藤岡町、鹿沼市、日光市、宇都宮市、那須烏山市、那須塩原市などで生産されています。

ひめきゅうりは、露地栽培とハウス栽培の両方で行われています。露地栽培は4月から10月頃まで、ハウス栽培は11月から3月頃まで行われています。

ひめきゅうりの収穫量は、平成29年産の全国で20,000トンでした。このうち、栃木県の収穫量は13,000トンで、全国の65%を占めています。

ひめきゅうりは、その美味しさから、県内外で人気があります。また、ひめきゅうりは加工品としても人気が高く、漬物やサラダ、酢の物など、さまざまな料理に使われています。

ひめきゅうりの食べ方

ひめきゅうりの食べ方

ひめきゅうりの食べ方

ひめきゅうりは、生で食べるのが一番美味しいキュウリです。サラダ、漬物、酢の物など、様々な料理に利用できます。また、炒め物や煮物に使っても美味しくいただけます。

ひめきゅうりを生で食べる場合は、皮をむいてスライスするか、スティック状に切って食べるとよいでしょう。サラダに使う場合は、レタスやトマト、玉ねぎなどの野菜と一緒に盛り付けると、見た目も鮮やかで美味しく召し上がれます。

ひめきゅうりを漬物にする場合は、塩漬け、酢漬け、醤油漬けなど、様々な方法があります。塩漬けは、ひめきゅうりを塩水に漬けて作る簡単な漬物です。酢漬けは、ひめきゅうりを酢と砂糖、塩で漬けて作る漬物で、酸味のあるさっぱりとした味わいが特徴です。醤油漬けは、ひめきゅうりを醤油とみりん、砂糖で漬けて作る漬物で、甘辛い味わいが特徴です。

ひめきゅうりを炒め物や煮物にする場合は、他の野菜と一緒に炒めたり煮たりすると美味しくいただけます。ひめきゅうりは火が通りやすいので、炒め物や煮物にする場合は、他の野菜よりも先に加えるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました