東京湾を周遊する水上バス「ヒミコ」の魅力

スポンサーリンク

東京湾を周遊する水上バス「ヒミコ」の魅力

ヒミコとは。

ヒミコは、東京都観光汽船株式会社による東京湾を運航する水上バスです。浅草と台場の間を結び、2004年に就航しました。漫画家・松本零士さんがプロデュースしており、彼の代表作である「銀河鉄道999」のキャラクターが船内放送で活躍しています。船の定員は約80名です。

個性的な外観と船内放送が特徴

個性的な外観と船内放送が特徴

個性的な外観と船内放送が特徴

東京湾を周遊する水上バス「ヒミコ」は、その個性的な外観と船内放送が特徴です。

まず、外観は、船体のフォルムがユニークで、まるで宇宙船を思わせます。また、船体には、さまざまなキャラクターのイラストが描かれており、子供たちにも大人気です。

そして、船内放送は、ヒミコのもう一つの特徴です。船内放送では、東京湾の歴史や観光スポットについて、わかりやすく説明してくれます。また、船内では、さまざまな音楽や映像が流れており、乗客を楽しませています。

この個性的な外観と船内放送は、ヒミコが他の水上バスとは一線を画す存在であることを証明しています。

景色を眺めながらのクルーズが楽しめる

景色を眺めながらのクルーズが楽しめる

東京湾を周遊する水上バス「ヒミコ」は、水上から東京の景色を眺めながらクルーズを楽しむことができる人気の観光スポットです。

「ヒミコ」は、全長約60メートル、幅約12メートル、高さ約18メートルの双胴船です。定員は約400名で、1階は座席席、2階は自由席となっています。クルーズ中は、船内にあるカフェやレストランで食事や飲み物を楽しむこともできます。

「ヒミコ」は、東京湾を約1時間かけて周遊します。クルーズ中は、東京タワー、東京スカイツリー、レインボーブリッジ、お台場、日の出桟橋など、東京の様々な名所を眺めることができます。また、船上からは、東京湾に浮かぶ船や、海上を飛ぶ飛行機などを見ることができます。

「ヒミコ」のクルーズは、昼間は景色を眺めることができる、また、夜は東京の夜景を楽しむことができるため、どちらの時間帯でもおすすめです。東京の景色を水上から楽しみたいという方には、「ヒミコ」のクルーズはおすすめです。

イベントやパーティにも最適

イベントやパーティにも最適

イベントやパーティにも最適

ヒミコは、イベントやパーティにも最適です。最大300名を収容できる広々としたキャビンは、立食パーティーや講演会など、さまざまなイベントに対応しています。また、船内には音響設備や照明設備も整っているので、ライブ演奏やDJプレイも可能です。

さらに、ヒミコは東京湾の魅力を満喫できるクルーズコースを多数用意しています。レインボーブリッジや東京タワー、スカイツリーなどを巡るコースや、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーを訪れるコースなど、イベントやパーティの目的に合わせたコースを選択することができます。

ヒミコは、イベントやパーティを成功させるための最高の選択肢です。広々としたキャビン、充実した設備、東京湾の魅力を満喫できるクルーズコースなど、イベントやパーティを盛り上げるための要素がすべて揃っています。

タイトルとURLをコピーしました