「リキ・ラリアット」の歴史と特徴

スポンサーリンク

「リキ・ラリアット」の歴史と特徴

リキ・ラリアットとは。

「リキ・ラリアットとは、プロレス技の一種で、日本人レスラー長州力が得意とするラリアット(打撃技)のことを指します。」

「リキ・ラリアット」とは?

「リキ・ラリアット」とは?

「リキ・ラリアット」とは?

「リキ・ラリアット」は、プロレスにおける得意技の一つです。元々は、スタン・ハンセンが使用していたフィニッシュ・ホールドであり、現在では、多くのプロレスラーが使用しています。この技は、ラリアットと同様の動作ですが、ラリアットよりも身体を大きく回転させ、相手を強く吹き飛ばすのが特徴です。そのため、ラリアットよりもダメージが大きく、フィニッシュ・ホールドとして使用されることが多いです。

「リキ・ラリアット」は、相手をコーナーポストに追い詰めてから仕掛けるのが一般的です。まずは、相手をコーナーポストに押し込み、コーナーポストに相手の上半身を密着させます。そして、リングの中央から助走をつけてコーナーポストに向かって走り、相手の首の横にエルボーを叩き込みます。このとき、身体を大きく回転させながらエルボーを叩き込むことで、相手を強く吹き飛ばすことができます。

「リキ・ラリアット」は、その強力な威力から、多くのプロレスラーが使用しています。中でも、スタン・ハンセン、天龍源一郎、棚橋弘至、中邑真輔などは、「リキ・ラリアット」をフィニッシュ・ホールドとして使用しており、多くの勝利を収めています。

「リキ・ラリアット」の歴史

「リキ・ラリアット」の歴史

リキ・ラリアットの歴史

リキ・ラリアットは、プロレスラーであるリッキー・スティムボートが1984年に考案したプロレス技である。スティムボートは、1980年代にWWF(現WWE)で活躍したスターであり、その華麗な空中殺法で人気を博していた。

リキ・ラリアットは、相手選手をコーナーポストに追い込んでから、助走をつけて相手の首にラリアットを叩き込むという技である。ラリアットは、プロレスの基本技であるエルボー・スマッシュの一種であり、相手の顔面や首に殴打を与える技である。

リキ・ラリアットは、その威力と華麗さから、プロレスファンに人気を博し、多くのプロレスラーが使用するようになった。WWEでは、ショーン・マイケルズ、ジョン・シナ、ロマン・レインズなど、多くのスーパースターがリキ・ラリアットを使用している。

リキ・ラリアットは、華麗で威力の高いプロレス技である。その歴史は長く、多くのプロレスラーが使用してきた。これからも、リキ・ラリアットはプロレス界で活躍し続ける技である。

「リキ・ラリアット」の特徴

「リキ・ラリアット」の特徴

「リキ・ラリアット」は、プロレス界で最も破壊力のある技の一つとして知られています。この技は、1990年代初頭に日本のプロレスラーである馳浩によって考案されました。馳浩は、この技を「リッキー・ラリアット」と呼び、後に「リキ・ラリアット」と改名されました。

「リキ・ラリアット」は、相手に向かって助走をつけ、右腕を大きく振りかぶって相手の顔面を殴りつける技です。この技は、相手を気絶させるほどの威力があり、多くのプロレスラーが「リキ・ラリアット」で敗北を喫しています。

「リキ・ラリアット」の特徴は、その破壊力とスピードにあります。この技は、相手が反応する暇もなく、瞬時に決まります。また、「リキ・ラリアット」は、相手の体勢に関係なく、どんな体勢からでも繰り出すことができます。

「リキ・ラリアット」は、プロレス界で最も危険な技の一つとして知られています。この技は、相手を気絶させるだけでなく、脳震盪や頸椎損傷を引き起こす可能性があります。そのため、「リキ・ラリアット」は、多くのプロレス団体で禁止されています。

タイトルとURLをコピーしました