春菊の歴史と魅力

スポンサーリンク

春菊の歴史と魅力

春菊とは。

春菊は、葉物野菜の一種で、室町時代に中国から伝わったとされています。葉は鮮やかな緑色で、切れ込みがあり、独特の香りがあります。おひたしや鍋物などに用いられます。大葉、中葉、小葉種と葉の大きさによって分類され、大葉は切れ込みが浅く柔らかく、株が横に張り出すため「株張り中葉」種が最も多く生産されています。日本全国、特に千葉県、大阪府、茨城県などで多く生産され、関西では「菊菜」と呼ばれています。

春菊の歴史

春菊の歴史

春菊の歴史

春菊は、キク科の一年草または二年草で、日本、中国、朝鮮半島原産の野菜です。古くは中国で栽培されており、日本には奈良時代に渡来しました。平安時代にはすでに食用として親しまれており、鎌倉時代には薬用としても用いられていました。江戸時代になると、庶民の間にも広く普及するようになり、現在では日本全国で栽培されています。

春菊は、独特の苦味と香りが特徴の野菜です。生で食べてもおいしく、火を通してもおいしく食べることができます。鍋物、煮物、炒め物など、さまざまな料理に使われます。また、春菊の絞り汁は、万能薬として民間療法で使われてきました。

春菊の特徴

春菊の特徴

春菊の特徴

春菊は、キク科キク亜科キク属の一年草または二年生草本である。原産地はヨーロッパ地中海沿岸で、日本には17世紀初頭に渡来した。春菊は、独特の香りと苦みがあり、鍋物や天ぷら、サラダなどによく使われる。

春菊は、草丈が30~60cm程度で、茎は直立または半直立してよく分枝する。葉は羽状複葉で、互生する。小葉は卵形または楕円形で、縁は浅く鋸歯状になっている。花期は10~12月で、黄色の頭状花を咲かせる。

春菊は、寒さに強く、霜に当たると甘みが増す。また、日当たりの良い場所を好み、水はけの良い土壌でよく育つ。春菊は、種まきから収穫まで約2ヶ月程度で、一年草であれば秋に、二年生草本であれば翌年の春に収穫できる。

春菊には、βカロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄などの栄養素が豊富に含まれている。βカロテンは、体内でビタミンAに変換されて、視力を維持したり、免疫力を高めたりする効果がある。ビタミンCは、風邪の予防や美肌効果がある。カリウムは、血圧を下げたり、筋肉の収縮を正常に保ったりする効果がある。カルシウムは、骨や歯を丈夫にしたり、イライラや不眠を解消したりする効果がある。鉄は、貧血を予防したり、疲労回復に効果がある。

春菊の主な産地

春菊の主な産地

春菊の主な産地

春菊の主な産地は、愛知県、静岡県、熊本県です。愛知県は、春菊の生産量が日本一で、全国の約3割を占めています。静岡県は、愛知県に次いで生産量が多く、全国の約2割を占めています。熊本県は、静岡県に次いで生産量が多く、全国の約1割を占めています。

愛知県では、主に西三河地域で春菊が栽培されています。西三河地域は、温暖な気候と肥沃な土壌に恵まれており、春菊の栽培に適しています。静岡県では、主に中遠地域で春菊が栽培されています。中遠地域は、温暖な気候と肥沃な土壌に恵まれており、春菊の栽培に適しています。熊本県では、主に阿蘇地域で春菊が栽培されています。阿蘇地域は、温暖な気候と肥沃な土壌に恵まれており、春菊の栽培に適しています。

タイトルとURLをコピーしました