酒造好適米吟吹雪の歴史と特徴

スポンサーリンク

酒造好適米吟吹雪の歴史と特徴

吟吹雪とは。

吟吹雪とは、滋系酒56号という名前の酒造好適米の品種です。滋賀県農業試験場で1984年から育成が開始され、1999年に品種登録されました。山田錦と玉栄を交配して作られたお米です。

吟吹雪とは

吟吹雪とは

吟吹雪とは、秋田県が開発した酒造好適米です。1990年に秋田県農業試験場の酒造米育成チームによって育成され、1994年に品種登録されました。吟吹雪は、酒造米として重要な特徴である心白の割合が非常に高く、約25%を占めています。心白は、デンプン質が少なく、タンパク質や脂質が多い部分で、これが日本酒の香りと味わいを決める重要な要素となります。

吟吹雪は、心白の割合が高いだけでなく、心白の大きさも比較的大きく、均一なことから、精米歩合を高めても心白が残るため、より繊細で上品な味わいの日本酒を醸すことができます。また、吟吹雪は、耐冷性に優れており、東北地方の寒冷な気候でも栽培が容易です。

吟吹雪で醸された日本酒は、繊細で上品な香りと、柔らかく滑らかな味わいが特徴です。吟吹雪は、純米大吟醸酒や大吟醸酒などの高級酒の原料として最適であり、多くの蔵元から高い評価を受けています。

吟吹雪の歴史

吟吹雪の歴史

酒造好適米吟吹雪の歴史は、1950年代初期にまでさかのぼります。当時、新潟県農業試験場では、酒造好適米の開発を目指した研究が行われていました。その研究の中で、農林22号という品種と、短稈渡船という品種を交配させたところ、吟吹雪が誕生しました。

吟吹雪は、その名の通り、雪のように白いお米です。また、酒造好適米としては、非常に大粒で、心白が大きいという特徴を持っています。心白とは、お米の中心にある白い部分のことです。この心白が多いほど、お米の質が良いとされます。

吟吹雪は、酒造好適米として非常に優秀な品種であり、現在では、全国各地の酒蔵で使用されています。吟吹雪で作られた日本酒は、すっきりとした味わいで、飲みやすいのが特徴です。また、吟吹雪で作られた日本酒は、香りが良いという特徴もあります。

吟吹雪は、酒造好適米としてだけではなく、食用米としても人気があります。吟吹雪で作ったご飯は、もっちりとした食感で、甘みがあります。また、吟吹雪で作ったご飯は、冷めても美味しいという特徴もあります。

吟吹雪の特徴

吟吹雪の特徴

吟吹雪の特徴

吟吹雪は酒米の最高峰と呼ばれる「山田錦」に匹敵する酒質を有する酒造好適米です。山田錦と同様に、大粒で心白が発達しており、麹米だけでなく掛米としても最適です。酒米として吟吹雪を使用することで、日本酒は芳醇な香りと複雑な味わいに仕上がります。

吟吹雪から造られた日本酒は、吟醸酒や大吟醸酒に最適です。吟醸酒は、吟醸香と呼ばれる華やかな香りを特徴とする日本酒で、大吟醸酒は吟醸酒の中でも特に高品質な日本酒です。吟吹雪から造られた日本酒は、これらの日本酒の品質をさらに高めることができます。

吟吹雪は、食味も良好な米です。炊き立てのご飯は、つやつやとしていて甘みがあり、冷めてもおいしく食べることができます。そのため、吟吹雪は酒米としてだけでなく、食用米としても人気があります。

タイトルとURLをコピーしました