「めかり饅頭」の歴史と魅力

スポンサーリンク

「めかり饅頭」の歴史と魅力

めかり饅頭とは。

めかり饅頭は、福岡県北九州市の老舗菓子店、柳月堂が製造・販売する銘菓です。黒あんと白あんの2種類の蒸し饅頭が主力商品であり、その優しい甘さとふっくらとした食感が特徴です。

めかり饅頭の由来と特徴

めかり饅頭の由来と特徴

-めかり饅頭の由来と特徴-

めかり饅頭は、愛知県知多半島の特産品として知られる和菓子です。その由来は、江戸時代初期にまで遡ります。当時、知多半島は水不足に悩まされており、人々は水を求めて山へ入っていました。その際、山の神に捧げるために作られたのが、めかり饅頭の原型と言われています。

めかり饅頭は、小麦粉と砂糖を混ぜて作った皮に、小豆餡を包んで蒸し上げたものです。皮は薄くモチモチとしていて、餡は甘さ控えめで上品な味わいです。特徴的なのは、その形です。饅頭の表面に、目のような模様がつけられているのが特徴です。これは、山の神の目に見守られているという意味が込められています。

めかり饅頭は、知多半島のお土産としてだけではなく、地元の人々にも愛されるお菓子です。お茶請けや贈答品として親しまれています。また、めかり饅頭を使ったスイーツも人気です。めかり饅頭をアイス最中に挟んだ「めかり最中」や、めかり饅頭の皮をクレープのように焼いて、生クリームやフルーツをトッピングした「めかりクレープ」など、様々なアレンジがされています。

めかり饅頭は、知多半島の歴史と文化を伝えるお菓子です。その素朴な味わいと特徴的な形は、多くの人々に愛されています。

黒餡と白餡の違い

黒餡と白餡の違い

黒餡と白餡の違い

「めかり饅頭」には、黒餡と白餡の2種類があります。黒餡は、小豆を煮詰めて作られた餡で、甘さとコクが特徴です。白餡は、白豆を煮詰めて作られた餡で、あっさりとした甘さが特徴です。どちらの餡も、なめらかな口当たりで、めかり饅頭のおいしさを引き立てています。

黒餡は、小豆の皮ごと煮詰めるため、栄養価が高く、食物繊維が豊富に含まれています。また、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも含まれており、抗酸化作用があります。白餡は、小豆の皮を取り除いて煮詰めるため、栄養価は黒餡に比べてやや劣りますが、あっさりとした甘さが特徴で、ヘルシーな和菓子として人気です。

どちらの餡も、めかり饅頭のおいしさを引き立てていますが、それぞれに特徴があります。黒餡は、甘さとコクが特徴で、白餡は、あっさりとした甘さが特徴です。どちらの餡も、なめらかな口当たりで、めかり饅頭のおいしさを引き立てています。

柳月堂の歴史とこだわり

柳月堂の歴史とこだわり

柳月堂の歴史とこだわり

「めかり饅頭」は、北海道を代表する銘菓のひとつとして知られています。その歴史は、明治時代初期にさかのぼります。柳月堂の創業者である田中市太郎が、札幌で菓子店を開業したのが始まりです。田中市太郎は、地元の素材を活かした菓子づくりにこだわりを持っており、その中でも「めかり饅頭」は、北海道産の小麦粉や小豆を使用した素朴な味わいで、多くの人々に愛されるようになりました。

柳月堂は、その後も菓子づくりの伝統を守り続け、現在では北海道内に10店舗を展開しています。また、柳月堂の商品は、全国の百貨店やオンラインショップでも販売されており、北海道のお土産としても人気があります。

柳月堂の「めかり饅頭」の魅力のひとつは、その素朴な味わいです。北海道産小麦粉を使用しているため、皮はもっちりと柔らかく、小豆餡は甘すぎず、上品な味わいです。また、「めかり饅頭」は、蒸して作られているため、皮がなめらかで、餡がふっくらしています。

柳月堂の「めかり饅頭」は、北海道のお土産としてだけでなく、自分へのご褒美としてもおすすめです。素朴な味わいで、どこか懐かしい「めかり饅頭」は、きっと多くの人々の心を癒してくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました